スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

世界は協調介入が原則と見ている

 2011-11-02
引き続き、為替介入に関して書きます。為替介入は効果が限定的と同時に、するなら協調介入するべき旨を書きました。早速、世界の反応がありましたので紹介します。なお、ゼーリック世銀総裁は大のシナ派で日本を軽視する人物ですが、そのへんを割り引いたとしても、彼の発言は間違っていはいません。


関連記事転載

世銀総裁、日本の円売り介入に「失望した」
読売新聞 11月2日(水)0時45分配信

【ワシントン=岡田章裕】世界銀行のゼーリック総裁は1日の記者会見で、日本の円売り介入について、「先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の国が自由な為替相場制度に介入する場合は協調介入が望ましい」と指摘した上で、「失望した」と批判した。

 ゼーリック氏は「世界経済は非常に厳しく危険な段階にある」との見方を示し、仏カンヌで開かれる主要20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)で危機収束に向けて強いメッセージを送るよう求めた。 .最終更新:11月2日(水)0時45分


為替、市場決定が原則―米財務次官
時事通信 11月1日(火)1時35分配信

【ワシントン時事】ブレイナード米財務次官は31日、フランス・カンヌで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に向けた記者会見で、日本の為替介入について「9月の先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、為替相場は無秩序な状況と過度な変動がない場合においては、市場が決定すべきだと再確認した」と指摘した上で、「これが米国の姿勢だ」と述べた。
 同次官の発言は、9月のG7声明の繰り返しにとどまり、日本の介入についての直接的な言及は控えた形だ。
 


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/803-bf30fcbf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。