スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

米経済再生のカギとなるかQE3

 2011-08-27
なかなか経済が回復しない米経済ですが、かねてからほのめかしている金融緩和第三弾QE3実施の可能性も高まってきました。

ただ、国内ではバーナンキ議長の政策に対する批判の声も存在します。

というのも、失業率がが下がらないことが原因の一つです。そして、米経済の見通しも4-6月期は下方修正されています。その中で、金融緩和に踏み切るかどうかの具体策までは踏み込んでいないのは、市場への影響力を配慮してのことでしょう。

なぜなら、米経済の動向は、世界にも影響を与えるからです。今後の見通しは不明ですが、バーナンキ議長の講演は、今後の米経済の政策を見る上で参考にはなります。

関連記事を3本紹介します。


関連記事転載

バーナンキFRB議長、追加金融緩和策を検討
読売新聞 8月26日(金)23時23分配信

 【ジャクソンホール(米ワイオミング州)=岡田章裕】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は26日、カンザスシティー地区連銀が主催するシンポジウムで講演し、焦点となっている追加の金融緩和策について、「FRBには追加で提供できる様々な手段がある」と述べ、追加緩和を検討する姿勢を示した。

 しかし、市場が期待していた量的緩和策の第3弾(QE3)の実施など具体策には踏み込まなかった。

 議長は、金融政策を決定する次回の連邦公開市場委員会(FOMC)の日程を当初予定の9月20日から、21日まで2日間に延長し、議論を深める考えを示した。

 議長は追加緩和策の「利点とコストをよく吟味する」と述べる一方で、「景気回復を促す適切な手段を採用する準備がある」と強調した。

 米景気については、「今年上半期の景気回復は、予想より著しく遅い」と厳しい認識を示した。しかし、米経済の長期的な成長力については「私はより楽観的だ」と述べ、米経済が長期停滞に陥っているとの見方を否定した。 最終更新:8月26日(金)23時23分



米追加緩和策の新たなヒント示さず=バーナンキFRB議長講演ウォール・ストリート・ジャーナル 8月27日(土)9時29分配信

 【ジャクソンホール(米ワイオミング州)】バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は26日講演し、低迷の続く経済をさらに支援する用意はあると述べたものの、成長鈍化を示す新たな兆候が見られたにもかかわらず、早急に動く気配は見せなかった。

 世界の金融政策担当者が参加した今回のワイオミング州ジャクソンホールでの講演は市場で大きく注目されていたが、バーナンキ議長は景気刺激策として残る手段についての具体策などを述べることはしなかった。もし詳細まで立ち入ればFRBが追加緩和策を実行するサインとして解釈される可能性があったが、その代わりに9月の会合日程を2日に延長して選択肢を検討すると述べるにとどめた。

 バーナンキ議長は講演で、「今後の新たな情報に照らしながら経済見通しを引き続き検討し、物価安定を図りつつ、より力強い経済回復を促進するための必要な手段をとる準備がある」と述べた。

 前日終値を下回って寄り付いたダウ工業株30種平均は、バーナンキ議長のコメントが出た後に221ドル下げる場面も見られたが、その後はFRBの慎重姿勢を評価する市場参加者も出始め、午前半ばの取引では前日を上回っている。

 ただし、米国経済が景気後退入りへの懸念が高まるなか、リスク回避資産として国債が買われ、10年物米国債の価格が上昇した。このところ値上がり材料を欠いていたドルも議長講演によりスイスフランやユーロに対して上昇した。

 この日は、米商務省が速報値でも低調だった4-6月期(第2四半期)の国内総生産(GDP)をさらに下方修正し、米国経済にとり新たな悪材料が明らかになった。4-6月期の年率換算GDP成長率は、速報値の1.3%から1%に修正された。1-3月期のGDP成長率もわずか0.4%だった。

 バーナンキ議長は、米経済は回復期に入って2年半以上経つが、回復のペースは「緩やか」にとどまっていると述べ、FRBの予想を下回る成長ペースになっていることを認めた。しかし、経済は金融危機によって将来にわたって続くダメージを受けたわけではないとして、長期的には楽観的な姿勢を見せ、「重要な問題があることは確かだが、米国経済成長のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)がこの4年間に発生したショックによって恒久的な影響を受けたとは思われない」と述べた。毎年恒例のジャクソンホールで会議の今年の主要議題は、世界経済の長期的成長見通しだ。

 同議長は、米銀は従来に比べはるかに健全な状態にあり、製造業の生産は金融危機の最悪時から15%拡大、家計のバランスシートは改善しつつあるとの認識を明らかにした。しかし、金融ストレスが国内外の経済回復にとって引き続き大きな重しとなっていると警告した。

 ここ最近は軟調な経済指標が続出しており、市場では米経済が景気後退入りするのではないかとの懸念が渦巻くなか、カンザスシティ連銀が主催する今回のシンポジウムでバーナンキ議長が新たな金融緩和策実施に向けた戸口を開くのではないかとの期待が高まっていた。昨年は、このジャクソンホールの講演で量的緩和第2弾(QE2)の可能性を示唆し、11月に実行したという経緯がある。

 しかし、経済環境は特にインフレが高まるなど去年とは異なり、バーナンキ議長は量的緩和第3弾に向けて慎重姿勢を余儀なくされている。昨年8月は、経済見通しが悪化する一方でインフレも低下していた。しかし今年の場合、経済は相変わらず低迷しているものの、インフレ指数のいくつかは、FRBが非公式な目標とする2%を上回っている。

 ただ、バーナンキ議長は、原油価格やその他国際商品価格の下落によって、インフレ率は2%以下に緩和するとみているとした。また、金融政策だけで長期的な経済の趨勢を大きく変えることはできないとし、米議会に、経済回復を阻まないような方法で財政赤字問題を解決するよう呼びかけ、財政政策の決定プロセスを改善する必要があると訴えた。

 同議長は既に1年以上にわたり、米議会に対して、赤字削減に向けた確固たる長期計画のもと、税制・歳出政策を通して短期的な経済刺激策を実行するよう呼びかけている。



米4-6月期GDP、1.0%に下方修正―輸出の伸び低く2011年 8月 27日 9:03 JST

米商務省は26日、4-6月期の米実質国内総生産(GDP、季節調整済み)を年率換算で前期比1.0%増と速報値の同1.3%増から下方修正した。輸出の伸びが低かったことなどが理由。改めて景気回復の弱さを裏付けた。

 この下方修正はウォール街の事前予想とは一致していたものの、市場の金融緩和期待を高めることになるとみられる。この日はバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長がカンザス連銀の年次フォーラムで講演をしたが、最近のインフレ率の上昇が債券購入などを通じた新たな量的緩和策の実施を難しくしているとして、市場は同日の講演では議長が早期の緩和策実施を示唆することはないだろうと予想していた。

 この日の改定値では、経済全体の約7割を占める消費は速報値の0.1%増から0.4%増へ上方修正されたものの、高失業率とガソリン価格の高騰などの影響を受け、依然弱かった。GDPへの寄与度は0.3%ポイントだった。

 一方、輸出は伸び率が速報値からほぼ半減して3.1%増となり、4-6月期の成長にはほとんど貢献しなかった。また、在庫は企業が積み増しを控えたため、成長率を0.2%ポイント押し下げた。

 物価上昇率については、おおむね抑えられていたものの、速報値よりはやや上昇した。FRBが注目する価格変動の激しい食品とエネルギーを除いたコアインフレ率は前期比2.2%上昇した。この数字は2009年10-12月期以来の高さ。速報値は2.1%だった。

記者: Sudeep Reddy


転載終了


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/710-85ea0eb3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。