スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お盆も国のために働きます

 2011-08-14
8月12日は、幸福実現党政調会の経済部会が東京で開催されました。前回に引き続いて、日本税制改革協議会(JTR)の内山優会長と吉田寛千葉商科大学院教授に講義を頂きました。「税金はなぜ払うのか」「なぜ増税はいけないのか」「会計とはそもそも何」といった内容を復習しながら、国のバランスシートの詳細を勉強しました。歴代の首相が、どれだけ将来の税金作ったのかをみると、会計は嘘をつかないことが分かります。吉田先生が作成されたバランスシートは、独立行政法人まで含めた連結版です。これは財務省のHPに入っても見ることはできないので、非常に参考になりました。

内山会長からは、アメリカで行われた保守革命(1994年の選挙で、長年下院で優勢を占めていた民主党が敗れ、共和党に変わったことを指す)の経緯や反増税の草の根キャンペーンについて学ばせて頂きました。納税者保護誓約書を一番最初に作ったのは、全米税制改革協議会のグローバー・ノーキスト会長です。Tea Partyが注目されていますが、既にアメリカではノーキスト氏が先鞭をつけ、実際の共和党候補者、大統領候補者に強力な影響を及ぼしていたことが分かります。日本では、1997年に内山会長が日本税制改革協議会をスタートしていますが、「とにかく時間のかかる仕事だ」ということを強調されていたのが印象的でした。確かに、世論というものはそう簡単に変わることはありません。長い時間をかけて、国民に浸透していく根気強さが要求されます。


さて、党の経済部会の翌日は、久しぶりに世界戦略総合研究所を訪問しました。拙著『日本経済再建宣言』を阿部会長にお渡しし、1時間ほど同研究所の幹部と話をしました。東京に出る機会は多いのですが、なかなか同研究所の会合には参加できていませんでした。国防や日本経済、国際経済や世界情勢など、幅広く情報を発信している同研究所には、数多くの著名人がゲストに呼ばれています。今後は、時間ができたら参加しようと思います。

昨日の最後には、靖国神社に参拝しました。15日は、静岡縣護国神社崇敬奉賛会の会合があるので、前倒しで参拝させていただきました。台湾の高金素梅氏は、靖国で狼藉を働いたことでも有名ですが、つい先日書類送検されました。ある意味、遅すぎたくらいですが、人様の国の英霊を祀っている神社で政治的な狼藉は許されません。

靖国参拝


この日は、暑い一日でした。それでも、全国からバスツアーで参拝されている方が多く見られました。意外にも、若い人たちが参拝に来ていたことです。彼らは、鳥居をくぐるときにも拝礼をしていましたし、作法もきちんとしていました。外見は、今風の若者でも、大和魂を失っていない姿を見て「日本はまだ捨てたものではない」と勝手に思ってしまいました(笑)。国のために戦い、命を捧げた方を祀るのは当然のことです。また、内閣総理大臣や閣僚が参拝することはおかしなことではありません。菅首相は、今年も参拝しないことを表明していますが、この方には国を思う気持ちは全くないということでしょう。情けない限りです。

お盆の季節ですが、本日は焼津で鈴木真実哉教授との経済講演をします。お盆でも国のために働きたいと思います。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/696-bf4601ae

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。