スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ようやく円高対策に動いた日銀

 2011-08-04
日本経済を見ていていつも感じることがあります。日本銀行こと、日銀の金融政策はいつも緊急避難的で行動が遅いということ。円高は、既に3月11日時点から続いているわけですし、震災による被害によりデフレ圧力が高まっていることは明確だったわけです。加えて、アメリカのデフォルト懸念やEU諸国の財政危機などがあり、日本円が買われていました。現時点でも、80円近傍から大きく動くことはないように見えます。

下記の記事の通り、日銀の行動が円高阻止に向けて有効となるのかどうかが見ものです。

転載始め

日銀、追加緩和策を決定 資産買い入れ基金10兆円積み増し
産経新聞 8月4日(木)14時25分配信

 日銀は4日、金融政策決定会合を開催し、国債や社債などの金融資産を買い入れる基金を約10兆円積み増し、50兆円程度とする追加金融緩和策を全員一致で決定した。ゼロ金利政策は維持し、無担保コールオーバーナイト物を0~0.1%程度で推移するよう促す。円高阻止に向け、市場に潤沢な資金を供給することで日本経済を下支えする。

 当初、決定会合は4~5日の2日間の日程だった。しかし、政府・日銀はこの日、急速な円高を阻止するため、外国為替市場で円売りドル買いの為替介入を実施。日銀も決定会合を1日に短縮し、一段の金融緩和策導入を前倒しで決めた。国内景気の現状については「着実に持ち直している」とし、前回7月の「供給面の制約が和らぐ中で、持ち直している」から景気判断を引き上げた。

 政府・日銀は3日開かれた政府の「経済情勢に関する検討会合」で、円高阻止に向けて緊密に連携を取ることを確認した。欧州の財政問題とともに世界経済の先行きが不透明で、日銀が想定する輸出主導の緩やかな回復シナリオが妨げられる可能性が出ており、日銀も積極的な対応に踏み切る。

転載終わり

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/684-b0a16d6e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。