スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

泊と大飯原発運転再開の方針

 2011-07-13
佐賀県の玄海原発が運転再開撤回を受け、震災後の原発再開は一層難しくなりました。ところが、ここにきて、北海道の泊原発と福井県の大飯原発が運転再開の方針を打ち出してきました。ストレステストが行われる中、どの程度現実性があるかは不明ですが、少しずつ原発再稼動の動きが出てきました。

下記の記事をご覧下さい。

転載始め

泊と大飯、営業運転再開の方針=試運転中の原発―北海道電・関電
時事通信 7月13日(水)10時1分配信

 北海道電力と関西電力は13日、営業運転前の試運転が続いていた泊原発3号機(北海道泊村)と大飯原発1号機(福井県おおい町)について、早ければ週内にも経済産業省原子力安全・保安院に対し、定期検査の最終検査を申請する方針を固めた。検査の結果、原子炉の安定性が確認されれば、営業運転を再開したい考え。
 両社は再開に向け、地元自治体の了解を取り付ける方向で調整している。しかし、全国すべての原発に政府がストレステスト(耐性評価)実施を打ち出すなど、原発をめぐる情勢が混沌(こんとん)としており、両原発の営業運転がすんなり再開できるかは不透明だ。 


転載終わり


泊と大飯は試運転中なので、政府が打ち出した「統一見解」である、再稼動条件の「一次評価」の対象にはなりません。枝野官房長官は、泊3号機と大飯1号機が追加的な安全評価を行うかどうかに関しては「事務レベルで検討している状況なので、今の段階であらかじめ結論めいたことを言うべきではない」と名言を避けていますが、原子炉の安全性が確認されたら営業運転を認めるのが筋です。

今月末には、関西電力で2基、東京電力で3基が定期検査で停止しますので、再稼動する原発が増えなければ、本当に来春には54基全てが停止することが予想されます。実際、SMBC日興証券の試算によれば、来年8月には全国9電力平均で5.7%の電力不足が生じ、その結果生産は4%押し下げられるとしています(7月8日配信の時事ドットコムより)。

猛暑による熱中症、企業レベルでは生産力の低下を引き起こす電力不足。前者は死者を出すこともあります。実際、昨年は2千人近く熱中症によって亡くなっています。後者に関しては、倒産によって自殺する経営者が出る可能性もあります。1998年以来、13年連続で自殺者が3万人を記録していますが、その中で生活苦や経済苦を理由に自殺する人は約四分の一の22%ありました。年間1万件以上の倒産を記録している昨今ですから、決して無視できない数字です。電力不足に加えて増税が行われるならば、日本経済が成長する芽が摘まれてしまいます。


浜岡原発停止、原発のストレステストは、菅首相の思いつきによって行われていることは、海江田万里経済産業大臣との不一致を見ても明らかです。菅政権には、上記の原発運転再開を止める理由はない以上、速やかに認めるべきです。
タグ :
コメント
お久しぶりです。


>原子炉の安全性が確認されたら営業運転を認めるのが筋です。
以前も申しましたが、何をもって安全とおっしゃっているのか
あなたの説明では皆目わからないのです。
唯一信じられるとしたら、
明日、東海地震が起きて浜岡原発のダメージが微小だった場合ですね。
或いは。ストレステストで相応の地震を再現して耐えてみせるとか。
それであれば多くの人が、確かに納得せざるを得ないでしょう。
それほど今迄の原発推進の姿勢に問題があったということです。

なんにでも利権はあると恥ずかしげもなく堂々とおっしゃるあなたのことですから、
当然この件でそれなりの支援をうけていることでしょう。
ただ、そういう人間の安全宣言を真に受ける国民がはたしてどれほどいるものなのか。
私には甚だ疑問です。

あなたにも家族がいらっしゃいますよね。
奥様やお子様は利権を当然と言い張るあなたをどう思われているのでしょうか。
お金が儲かるから構わないとおっしゃいますか。
この辺は原発とは関係ありませんね。失礼しました。


ちなみにですが、
このブログにはあなたに好意的な人間しか意見を申してはいけない構造ですか?
私は、自分に批判的な発言をする人間の言葉にこそ耳を傾けろという教育を受けてきましたが。
勿論、一般の方のブログにはこのような発言はしませんよ。ネトウヨではないので。



【2011/07/13 22:01】 | あぽろ #- | [edit]
何度でも申し上げますが、政治とは利権とどうつきあっていくかが問題です。それを恥のようにいうような人は政治家は絶対にできません。つまり、あなたには絶対に政治家になる資質はないということです。在野で物事をいうレベルなら問題ありませんが、政治の世界は利権構造の山です。世界レベルの外交など、日本とは比較にならないほど利権がらみです。そこで国益を最大化し、国益の最小化を目指すのが政治家の仕事だと思っています。

話題を国内の戻せば、既に、原発利権から自然エネルギー関係に利権が生じています。つまり、利権をなくすことは不可能のです。ないにこしたことはないのですが、きれいごとでは政治はできないということです。私の家族は別におかしな目で見ていません。中には、政治という利権まみれの世界に私が進むことを止めようという友人もいました。要するに、あなたのおっしゃっていることは政治家に対してはまったく的外れであるということです。まあ、一般の政治家は、ここまで本心を明かさないでしょうがね。

あと、原発の安全性が分からないということですが、それは愚問に等しいと言えましょう。
あなたの定義で言えば、日本には安全な原発はないというように聞こえます。
地震があっても、原子炉が故障したケースは、福島でも女川でもありませんでした。
問題は、発電機が津波に浸水してためにバックアップ電源が確保できなかったことによります。
ストレステストは、そのようなことも想定して行うものですが、だからと言って完全無比だというつもりは毛頭ありません。確かに、ここまでの原発行政には問題が多かったでしょう。「安全神話」に関しても、完全に作られたものであったのは事実です。何事も極端な意見はおかしな方向に行くものです。現在で言えば、自然エネルギーならバラ色の未来を喧伝する浅薄な評論家のようなものでしょう。

もちろん、あなたはそのような輩ではありませんし、一定の見識をもってコメントされていることには感謝しているので、誤解のないようにしていただきたい。

それに、自分を肯定する人だけを相手にしているわけではないことは、私がきちんと受け答えしていることからもわかるはずです。原発に関する考え方や認識は、あなたとはいくら話しても距離が埋まることはないでしょうが、それは仕方ありません。

コメントはどうぞ。そのかわり、私も思ったことを書きますのでご了承ください。
【2011/07/13 23:13】 | 中野雄太 #- | [edit]
初めまして、ブログ拝見しました。
一部を読ませて頂いただけなので、
私の誤解などもあるかもしれませんがお許しください。

中野さんが仰る、安全確認が出来た原発から稼動するべきというご意見は、
どのような不測の事態または天変地異が起こっても、
100%安全であるならば稼動させよ。
ということで宜しいでしょうか?

私は人間の力をそこまで信じる事ができないでおります。
100%安全なものなどそもそも作れるわけがないという考えです。
墜落の危険性がある航空機に乗るではないかと言う方もいますが、
それとこれとはあまりに次元が違いすぎる話と感じます。

事故を起こした原発は、広域にしかも長年にわたり放射能を放出します。
そして人間や動植物に大して大きなダメージを与え続けます。
100%の安全性をどのように捉えておいでか、
簡単で結構ですのでお聞かせください。

それからもう一つ。
失礼な質問かもしれませんが疑問があります。
幸福の科学の方は全員が推進派なのでしょうか?
現在放射能の影響下にある会員の方も大勢いらっしゃると思います。
そのような方も今なお原子力発電を推進していらっしゃるのでしょうか?
反原発の声は幸福実現党内に上がってこないのでしょうか?

合わせてお答え頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
【2011/07/16 14:07】 | 佐藤聡 #Jv7X/AWI | [edit]
佐藤聡様

ご訪問ならびにコメントありがとうございます。

ご質問頂いた内容に関して、私の方で簡単に答えております。

> 中野さんが仰る、安全確認が出来た原発から稼動するべきというご意見は、
> どのような不測の事態または天変地異が起こっても、
> 100%安全であるならば稼動させよ。
> ということで宜しいでしょうか?
>
> 私は人間の力をそこまで信じる事ができないでおります。
> 100%安全なものなどそもそも作れるわけがないという考えです。
> 墜落の危険性がある航空機に乗るではないかと言う方もいますが、
> それとこれとはあまりに次元が違いすぎる話と感じます。

100%安全かどうかということですが、貴殿がご指摘されたように、100%安全というものは世の中にはありません。また、原発がメルトダウンしたことにより、放射能汚染が起こるリスクは当然考慮するべきでしょう。原発が100%安全だという神話をつくることは間違っていますし、そのようなことはあり得ません。おそらく放射能の問題について触れられて次元が違うとご指摘されているのでしょうが、いたずらに恐れることは問題外であって、100mSV以下であれば人体への健康被害は見られないというのが、世界の科学者が出した結論です。これは、かなりの検証結果を重ねたうえでの科学的結論であり、思い付きでもなんでもありません。福島の事故がチェルノブイリ級と同じように扱うことは正しいことではありません。
安全かどうかということであれば、地震があって原子炉が自動停止するかどうかです。その視点でいけば、今回の福島第一原発にしても、女川原発はきちんと原子炉が自動停止しました。問題は、津波による発電機が故障したことにより、冷却ができずに爆発を起こしたことです。 



>
> 事故を起こした原発は、広域にしかも長年にわたり放射能を放出します。
> そして人間や動植物に大して大きなダメージを与え続けます。
> 100%の安全性をどのように捉えておいでか、
> 簡単で結構ですのでお聞かせください。

つまり、100%の安全性という問題設定がおかしなものであります。そして、上記にも触れたように、広域で長年に渡って放射能の被害があるということもけっして正しいと思っていません。人間に対して害を与えるのは100mSV以上です。これは抑えておきたい論点です。

> それからもう一つ。
> 失礼な質問かもしれませんが疑問があります。
> 幸福の科学の方は全員が推進派なのでしょうか?
> 現在放射能の影響下にある会員の方も大勢いらっしゃると思います。
> そのような方も今なお原子力発電を推進していらっしゃるのでしょうか?
> 反原発の声は幸福実現党内に上がってこないのでしょうか?
>
この質問に関しては、明確にこたえるのは難しいのではないでしょうか。
幸福の科学の信者であっても、反原発という人がゼロだということはできません。
実現党内では反原発という声はありません。

ただ、脱原発や反原発の方向性を示すことは決しておかしなことではないのです。
国が原発に代わるエネルギーが確保できるのであれば、原発による発電シェアを減らしていくのは問題ありません。実現党が批判をしているのは、発電シェアの3割を占める原発をいきなり廃止するのは間違っているということです。そして、脱原発や反原発をいうならば、代替案を出していつまでに代替エネルギーを確保するのかということを出すのが最低限の義務だということです。資源のない日本が、いかにしてエネルギーを確保するのかは極めて大事な論点です。太陽光や風力、バイオマスによる発電を進めるのは結構ですが、原発に代わるエネルギーにはなりえない以上、原発はまだまだ必要だと言わざるを得ません。
【2011/07/16 23:22】 | 中野雄太 #- | [edit]
早速のお返事ありがとうございます。
もう一度だけ話をさせて下さい。

放射線の人体への影響は諸説ありますが、
公衆の被ばく線量規制量は1mSv/年とされておりますので、
積算量100mSv以内であれば人体に影響がない、ということだと理解しました。
でも私は中野さんの仰る「世界の科学者が出した結論」をまだ信じる事が出来ません。
放射線の影響についてはチェルノブイリの事故同様、
長期にわたり自分なりに追求検証していきたいと思っております。

100%安全でない原発の稼動をご自身の信じる安全性で容認し、
万が一事故が起こった場合でも人体に影響があるほどの放射線量は放出しない、
と確信していらっしゃるのなら、それで結構だと思います。

ただそのような正確な言葉と意思を持って発言発信して頂きたいのです。
更には常に柔軟な心と頭脳を持った政治家であって欲しい。
幸福の科学は原発を推進しています。
大川総裁のお考えにみな右ならえという事に、私はどうしても違和感を感じてしまいます。

もし中野さんが反原発を考える時がきたならば、
ないとは思うのですが、勇気をもって発言してくださいね。
決して釈迦の教えに背くことにはならないでしょう。

お忙しいなかありがとうございました。
今後ご活躍を期待しております。


【2011/07/17 23:23】 | 佐藤聡 #- | [edit]
佐藤聡様

こちらこそ、早速お返事を頂きましてありがとうございます。

原発と放射能の問題は、現時点で私の結論は変わりません。
幸福の科学や幸福実現党が右へ倣えになっているわけではないのですが、
私の信念が変わることはありません。
そのために、放射能の専門家の門をたたきましたので。

その意味で、引き続き調査を見守ることも必要ですし、相応の議論をしていくことも極めて大事です。

ご指摘の通り、私は信念を貫こうとは思いますが、結果が崩れてしまい、自分の信念がもはや信じるに値しなくなった場合、相応の責任と対応をいたします。

どうか今後も、お気軽にご訪問ないしコメント頂ければ幸いです。


【2011/07/18 14:09】 | 中野雄太 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/662-e6dfd9cc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。