スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

原発ストレステスト問題で閣内不一致表面化

 2011-07-08
佐賀県の玄海原発再稼働が目前に迫っていたさなか、九州電力のやらせメール事件が勃発。そして、このたびの原発のストレステストがいきなり浮かび上がってきました。あまりにも唐突な点は、浜岡原発を停止した時と類似しています。あの時は、海江田万里大臣が浜岡原発を視察して、点検停止中の3号機を再稼働することが決まっていたさなかでした。海江田大臣訪問の翌日、菅総理による浜岡原発停止要請がありました。玄海原発再開に関しても、ストレステストを聞かされていなかった地元では、政府に対する不信感をあらわにしています。この怒りは当然のことです。

原発のストレステスト自体は正しい行為だと思います。原発にはリスクがつきものですから、厳格に検査をしていくことは大事なことです。原発大国であるアメリカやフランスでも同じです。ただ、今回も「いきなり」打ち出してきたことに問題があります。下記の転載記事をご覧になればわかる通り、経産省との連携もとれていないのは明白で、これは浜岡停止要請の時も同じでした。菅総理には、事前に担当大臣との打ち合わせをするという、ビジネスでも基礎とされていることを学びなおして頂きたいと思います。

総理による謝罪はありましたが、海江田経産相は辞任を示唆。閣僚間からも閣内不一致をいさめる声も出ています。現政権が体をなしていないのは明らかです。


転載始め
「ストレステスト」実施めぐり菅首相と海江田経産相の亀裂深刻化か 閣僚からも苦言
フジテレビ系(FNN) 7月8日(金)12時14分配信



菅首相が、停止中の原子力発電所の再稼働にあたり、「ストレステスト」を行う方針を突然打ち出したことについて、閣僚からは「調整不足だ」と苦言が相次ぐなど、混乱が続いている。
辞任まで示唆した海江田経産相と菅首相の関係について、関係者の間では、「亀裂が深刻化している」との見方が広がっている。
8日午前9時すぎ、海江田経産相は「玄海の原子力発電所の再稼働について、『このストレステストをからめよう』ということをおっしゃったのは総理だと、私は認識をしております」と述べた。
海江田経産相は会見で、6月に現地に赴き、玄海原発の再稼働受け入れを自治体に求めた際には、ストレステストの話は出ていなかったとして、突然の方針転換への不満をにじませた。
菅首相は、閣僚懇談会で「指示の遅れ、不十分さがあったことに責任を感じている。経産省と早い段階で意思疎通すべきだった」と陳謝した。
一方、海江田経産相が7日、「時期が来たら責任を取る」と辞任示唆の発言したことについて、野田財務相が、「すべての閣僚が同じだ。会期末になるだろう」と述べたほか、中野国家公安委員長も、「閣内不一致という印象を与え続けるのはよくない。意思統一を図ってほしい」と苦言を呈した。
政府・与党内からは、「政権の体をなしていない」との批判が上がっているが、「脱原発解散」をにおわせて独断専行を続ける菅首相を誰も止められない異常な事態が続いている。.最終更新:7月8日(金)12時14分


転載終わり
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110708-00000969-fnn-pol
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/653-f8b1e511

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。