スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

電力不足でものづくりが限界?

 2011-06-11
浜岡原発停止から一カ月がたちました。
管轄の中部電力では、火力発電への代替に向けて動き始めています。
ただ、より心配なのは中部圏の経済が低下することです。

さっそく、トヨタが苦情に近いコメントを出しています。


転載始め
トヨタ社長「日本で物づくり、限界超えた」

電力不足の広がりに産業界は懸念を強めている。

 トヨタ自動車の豊田章男社長は10日、記者団に対して「安定供給、安全、安心な電力供給をお願いしたい」と訴えた。円高に加えて電力不足が広がる現状に、「日本でのものづくりが、ちょっと限界を超えたと思う」と危機感を漏らした。

 東日本から西日本へ生産や事業を移す動きを進めている企業も動揺している。

 NTTデータは、首都圏のデータセンターにある自社のサーバー数千台を関西地域のデータセンターに移転させる計画だったが、関電の節電要請を受け、「今後、海外を含めて移転先を再検討する」としている。

 東芝も岩手県内で生産していた半導体の一部を兵庫県の姫路半導体工場などで代替生産するなど西日本シフトを進めているが、「あまりに急な動きだ。対応をこれから検討する」と戸惑う。
.最終更新:6月11日(土)10時4分

転載終わり

こうした事態はあらかじめ予想されました。
原子力発電が爆発した時には、当然危険があるのは事実です。
しかしながら、一方で見落とされている事実があります。
原子力発電の安全を維持するために、相当の安全対策が行われていたということです。
特に、中部電力は全国の原発関係者が視察に来るほど、徹底していたとも言われています(電力関係者談)。

中部圏には、トヨタに始まり、HONDA、Yamahaとその関連会社と系列会社が点在しております。
静岡県でも、浜松市は製造業が強い都市です。当然、トヨタに限らず電力不足の悪影響を受けることは避けられません。

トヨタ社長が「日本で物づくりが限界を超えた」という発言は非常に重いです。
このまま、海外に移転する動きが加速するようなことになれば、日本経済の弱体化一層進みます。なぜなら、
現時点では佐賀県の玄海原発以外は再開の動きは見られないからです。このまま、夏の電力不足に加え、全国の製造業の生産が縮小した場合、日本経済の見通しは一層暗くなります。

菅首相の浜岡原発停止は、日本経済弱体化政策であり、百害あって一利なしです。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/610-3b03ff75

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。