スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

民主党政権の優先順位とは?

 2009-12-15

案の定、鳩山政権は普天間基地移設問題の先送りを決めました。その一方で、シナの要人との特例会見はごり押しした事実と見比べてみると、明らかにこの政権の優先順位が分かります。要は、反米・親中国だということです。決して単純な決めつけではないと言えるでしょう。自分たちにとって都合の悪い案件は先送りし、都合の良いものに関しては特例まで設けて強引に進める姿勢に、国民は反発を強めています。例えば、今回の陛下の会見についても、羽毛田宮内長官に対して千件以上の支持があったこと(=小沢幹事長の辞任要求に対する不支持)は代表的なものです。

要は、優先順位の問題が間違っているということです。もし、外交上の優先順位が日米同盟(先の総選挙では、日米同盟が大事だと民主党は言っていた)だとすれば、オバマ米大統領が来日した際に首相が不在ということはあり得ないことでしょう。また、普天間基地移設問題に対してアメリカ政府が態度を保留していることが分かっていながら、なぜ先送りできるのでしょうか。さらに、日米同盟を堅持するならば、インド洋の給油問題は延長するのが筋ですが、政権交代後に中止を主張しました。もうこれで充分でしょう。この政権は、何度も言うように反米・親中国を取っているということです。口先だけ日米同盟の重視を言っていると捉えられても反論はできないはずです。

ただ、シナとの友好関係を維持することは間違っていません。しかし、首相がいう友愛・友好外交とは謝罪外交であり、朝貢外交を意味しています。私は、村山談話以上に自虐的な談話や声明が出てこないことを祈ります。既に岡田外相は極めて自虐的な声明を出しています。そして、来年は小沢幹事長が外国人の地方参政権を提出することを表明しています。対等な関係を米国に対して要求するならば、なぜシナに対して要求しないのですか?これは明らかに友愛の精神に反する行為です。

全てが万時、民主党政権は日本や日本を貶める政策を国民に強いるようならば、国民の反発にあうでしょう。国民をあまり甘く見ないことです。これはYahooブログ内に限らず、多くの方が気づき始めていることです。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/577-d34473e7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。