スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

県本部の集い

 2010-01-07

昨日は、一日中飛び回っていたため、年末に誓願した毎日更新が早くも途切れてしまいました(アチャ~)。

年初にあたり、幸福実現党の静岡県本部の集いを沼津で行いました。来年の参院選に向けての活動方針を確認し、私自身も挨拶をしてきました。今週末は東京出張と静岡市の護国神社参拝がありますが、来週からはいよいよ県内各地をまわります。有権者の声を聞くと同時に、各地での政策を固めるためのヒアリングを徹底して行いたいと思います。

国政について書くのは、あまりにも馬鹿げた話が多すぎて嫌になるのですが、またまた小沢幹事長の政治資金スキャンダルが発覚して、事情聴取が行われるというニュースを知りました。また、藤井財務相が辞任したことなど、民主政権の瓦解が始まったという印象です。とうとう内部崩壊の兆しが見えてきました。もともと寄せ集め集団ですから、いずれこうなるとは思っていましたが、それにしても見事なまでに統一がとれていません。静岡県内は、比例復活を含めて全選挙区で民主候補が当選してしまったいるので、次の参院選は必ず国民の審判を仰ぐことになるでしょう。巷に噂されている衆参同日選挙の可能性も決して否定できません。ある選挙関係のベテランの方から聞いた話ですが、静岡県内に多く貼られている民主党のツーショットポスターは、実は衆参同日をにらんでのものというのです。あくまでも、「個人的な考え」ということですが、普通は党首と候補予定者のツーショットポスターを貼るところを、衆議院議員とのツーショットです。自民党はこのツーショットポスターを出していませんし、その他の党でも見かけません。よって、衆参同日をにらんだポスターだというのも説得力がありました。

幸福実現党の支持者以外の保守系の方々は、「自民党ではだめだ。保守回帰をすると言っているが全くの絵空事にすぎない」という声を良く聞きます。政権交代後、保守論壇では自民党の再生をテーマにした論文や意見が多くありました。しかし、同時に多くあったのは自民党は保守政党ではなくなったことへの失望感です。それはそうです。田母神航空幕僚長の解任、中山国交相の解任を見れば、自民党を支持してきた保守層のショックは計り知れないものがあったのは間違いありません。自民党内では、ゆとり教育や靖国神社参拝反対、外国人参政権に賛成する議員もいます。何人かは落選したからいいようなもの、自民党は完全にリベラル政党に堕しました。

本年は、保守回帰というのが一つのキーワードになる予感があります。
日本の素晴らしさの再発見です。民主党政権による自虐史観からは、日本の伝統・文化、皇室の威厳は出てきません。他国の歴史観や外交カードに阿ることでは、日本はいつまでたっても政治大国になることはできません。今一度、日本は歴史を見直すべき時です。そして、未来創造のビジョンを打ち出して新生日本の指針を国民に訴える必要があります。幸福実現党は保守政党です。だからこそ、日本の伝統・文化、皇室を護持します。同時に、私たちは未来政党です。故に、未来創造のビジョンを提示することができるのです。若い方からお年寄りまで惹きつけることができる政党にしたいですね。今年こそ、真の政界再編の年にしたいと思います。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/560-96e23922

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。