スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

月刊『浜松情報』に載る

 2010-03-07


先月、浜松の株式会社浜松情報にお邪魔しました。その日は、実は地元の衆議院候補者と挨拶ということでしたが、実は取材でした。何も用意をしていなかったのですが、先方はマイクやカメラが用意されてあったので、少し面食らいました(笑)。

しかし、N社長は気さくな方で自由に話をさせて頂きました。取材は1時間を超えていましたので、よく1ページにまとめたという感じです。上記の写真は、記事の掲載ページです。白黒ですが、しっかり1ページ分の記事となっています。隣のページは、半分は片山さつき氏の活動、残り半分が民主党関連の記事でした。写真では、記事は読めないので、ダイジェスト版で紹介します。
(最初の三分の一は私と党の紹介ですので割愛します)

引用はじめ

・政治家相手の議論も歯ごたえが無く、ならば自分で・・・と思ったのが政治を目指すきっかけだったそう。
・政教分離に関しても「宗教政党が違憲でもないし、私たちはそれを隠していない。隠すからおかしい」とキッパリ。
・そういうば、幸福実現党は訴える政策にグレーがない。 自国は自国で守る。北朝鮮が核ミサイルを準備したら先制攻撃。GDP世界一を目指し、消費税は不要。過激だが、自民党の保守とは違う、真正保守の色合いだ。
・中野氏も野球で鍛えた体育会系。発言も外連(けれん)味みなく「靖国神社参拝」「憲法改正で防衛力増強」「近隣諸国条項廃止」を言明し、選挙で不利なことを言わないのはおかしいと断ずる。
・「宗教政党というとネガティブですが、望むものは真の保守復活。話をすると共感を得てくれます」と中野氏は言う。
・前回の衆院選にも出馬し、苦杯をなめた。「いい経験になった。経済が得意ですが、経済政策を強調する難しさも痛感した」と苦笑。
・でも今回もバカ正直に訴える。「吠えてると言われても五年、十年続ければブレていないのがわかる」と愚直な姿勢を崩す様子はない。

・(中略)経済話が次第に熱くなってくるので氏のホームページを検索していただくことをオススメするが、少なくとも相当な勉強をしているのは事実。健闘を祈りたい人物であった。

以上 引用終わり

ちなみに、断っておきますが、株式会社浜松情報は実現党や幸福の科学とは一切関係ありません。当社が出している月刊「浜松情報」は、浜松市内で数百社の中小企業の社長が購読されている会員制の月刊誌です。きわめて中立的な態度で政治に関しても報道していると思います。自民党、民主党、そして昨年は7区の城内氏を扱っていましたし、8区の民主党・斉藤議員も表紙を飾っていたこともあります。肩入れしているわけでもありませんのでご注意ください。あくまでも、取材された内容をもとに、私の個性が生きるように文章にして下さっただけです。

ただ、新聞報道で、ここまで報道して下さることは稀です。本当にありがたいと思います。あくまでも遠州地域のみしか読めませんが、それでも多くの方が幸福実現党や私に対する偏見を捨ててお読み頂ければ望外の幸せです。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/501-35b17ca3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。