スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

本日から沖縄視察

 2010-04-03

今日から5日まで沖縄に行って参ります。

事前の準備として勉強していたJSNの仲村代表のブログ記事より、重要なポイントを学ばせて頂きました。地図がついているので、非常に分かりやすくなっています。

転載始め

●今、沖縄県民に知っていただきたい事

今、沖縄県民に知っていただきたい事は大きく二つあります。

(1)中国一党独裁の人権無視の国家である。
(2)中国は太平洋の覇権を狙っており、太平洋の通路として沖縄の支配を狙っている。

(1)については、4月4日の沖縄県民緊急フォーラムで日本ウイグル協会のイリハムさんから詳しい、驚愕の事実についてお話をいただけると思います。

(2)について簡単な解説を加えたいと思います。

下記に中国から見た東シナ海の地図を掲示しました。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/60/4e/5525d6dcee7ba16645cece97b63a7f4a.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6e/bd/1e2222426226f67193dab39dc3c22b30.jpg


日本列島が中国が太平洋に出て行くのを塞いでいるというのがわかると思います。そして、太平洋に出るには、南西諸島を通らなければならない事がわかります。

これが、中国が尖閣諸島を狙う本当の理由です。エネルギーが採れるかどうかは二の次です。海洋戦略上、太平洋へ自由に通れるルートが欲しいわけです。

中国は、幸い沖縄には尖閣諸島という無人島があったので、そこに狙いを定め領有を宣言したわけです。人が住んでいると大義名分が立たないので、無人島から攻めていくわけです。

このように深慮遠謀の作戦が背景にあるわけですので、岡田外務大臣が口頭で尖閣への不干渉を求めたぐらいでは簡単に引き下がるわけは無いのです。

▼3月16日 尖閣への不干渉求める 中国の保護法施行で外相 (2010年3月16日)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100316/plc1003162016018-n1.htm

勝負に勝つには、敵の考えや思いを知ることが重要です。この中国の深慮遠謀の背景を知った上で3月18日のニュースをご覧いただきたいと思います。

▼3月18日 中国外交部、「尖閣列島は中国固有の領土」だと主権を主張
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0318&f=politics_0318_001.shtml

▼3月18日 沖縄南西諸島で中国軍艦航行
http://www.mod.go.jp/jso/press2010/press_pdf/p20100319.pdf

(JSN代表 仲村)


転載終わり

沖縄では、実際にシナによる情報戦が成功を収め、島全体が左翼となっている状態です。
漫画家の小林よしのり氏の言葉を借りれば、「全体主義の同調圧力」が存在しているということです。要は、日本は沖縄を見捨てたことや軍命による自殺の強要があったこと、琉球王朝はシナの領土であったことなどがまことしやかに言われており、これに反する意見は封殺されるということです。

実際、沖縄で言論戦を展開するのは大変のようです。しかし、このまま沖縄の状態を放置することはできません。名護市の市長選挙で分かるとおり、沖縄は地方でありながら国防と外交に影響を与える重要な場所です。全国の保守系は、互いの主張を乗り超えて、シナの沖縄侵略を阻止し、日米同盟の堅持と国防の強化を実現しなければいけません。

また、沖縄と台湾の問題は極めて酷似しております。
先月の28日に日本李登輝友の会の講演に出席して以来、この思いが強くなっています。
今後、日本国内の外交問題における言論活動と世論喚起は不可欠になってくることでしょう。
日本がチベットや新彊ウイグルのようにならないためにも、今こそ日本は国防と国家の自立を回復する世論を作るべきです。そして、政治家が堂々と有権者に向けて演説したり議論をする風土に変えて行きたいと思います。

後日、沖縄視察レポートを書きます。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/478-c74c3896

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。