スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

中国艦船が公海に侵入

 2010-04-13

本日の昼の報道で、またシナの艦船が日本の公海に侵入したことが分かりました。
キロ級が2艘を含む計10艘もいたということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000006-maip-pol

沖縄沖を南下しているようでありますが、今月に入って活発に動いているようです。
防衛相は調査をすることを言明していますが、調査の前にやるべきことは抗議です。
明らかに日本の公海近辺で10艘もの艦船が来ているということは、決して平和的なものではありません。完全になめられています。鳩山政権は、シナに対して頭が上がらないので、たいした期待はしていませんが、普通の国なら厳重注意です。ロシアなら、間違いなく攻撃をしていることでしょう。攻撃をしなくとも戦争も辞さない強固な態度で外交を展開します。これが、主権国家としての外交姿勢です。調査なんて生ぬるいことを言っている時点で、北沢防衛相は失格です。

今後、公海だけではなく、領空侵犯が起こる可能性もあるでしょう。
日本の国防体制は、まさにカギのかかっていない銀行です。
これほどカモにできる国はないと見られています。

私は、先日沖縄に行ったばかりなので、今回のシナの態度に余計腹が立ちます。
今後、日本が今のように国防を無視するようなことをすれば、間違いなくシナに制海権を奪われます。
もし、台湾と沖縄が落とされたら、日本にとっては完全にアウトです。

シナによる日本併呑計画が確実に進行していることを、もっとマスコミは批判的に報道するべきです。
そして、言論空間においても堂々と議論するようにするべきでしょう。なぜなら、市民団体だけでは限界があるからです。政治家が動かなければ、この問題は永遠に解決しません。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/469-d4f75658

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。