スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日米同盟堅持街宣

 2010-05-09
本日は焼津駅前と藤枝駅前にて、日米同盟堅持の街宣活動を展開しました。
午後からは焼津後援会で聖学院大学の鈴木真実哉教授との合同演説会に出席しました。鈴木教授とは、早大大学院の先輩後輩の間柄で、すでに数十年来のおつきあいがあります。
ご多忙にも関わらず、懇親会まで付き合って頂きまして、本当にありがとうございました。


他党の街宣はさほど見かけないので、日米同盟について明確に主張することの必要性は高まっていると考えております。多くの国民の皆様は、なぜ鳩山首相が普天間基地移設問題に迷走しているのかの理由は知りません。マスコミも正しく理解しているとは思えないので、当然国民の皆様が沖縄問題を正しく理解する手段が限られてしまいます。辺野古キャンプシュワブへの移転と日米同盟堅持、そして沖縄には米軍が必要であることの理由は、このブログで何度も指摘してきましたが、やはりまだ世論ははっきりしないという感じが漂っています。

要は、沖縄に米軍があるのはアメリカの国防上の戦略と日本の国防上の視点を抜きには語れません。
戦後、対共産圏と極東有事に備えて日米安保条約は締結されています。安保闘争があるように、成立までに間に相当の紆余曲折があったことは事実です。しかし、日本は憲法9条の制約によって独自の軍事行動ができません。自衛隊は手足を縛られているために、どうしても米軍の軍事力に頼らなくては有事に対応できません。実は、朝鮮戦争のときに、アメリカは日本独自の軍事力増強を指示していますが、時の吉田首相はこれを受け入れませんでした。このとき、日本は再軍備する最大のチャンスがあったのです。今思うと、非常に悔やまれることです。 とまれ、極東アジアの軍事的プレゼンスとして沖縄の駐留米軍は重要であること、同時に日本にとってはロシア(現在は危険性は遠のいている)やシナの軍事拡大や極東有事を考慮したときに、やはり米軍が沖縄にいたほうが抑止力と早期の措置が取れることが重要な点です。

時代は流れ、現在はシナの軍拡と北朝鮮による核実験やミサイル実験に備えることが最大のポイントになるでしょう。実際、米軍が尖閣諸島や宮古島、与那国島がシナに侵略されたところで日本を助けるかは微妙です。沖縄の米軍基地に被害があれば、間違いなく動きますが、そうでなければ小さな島の問題で米軍が動く可能性は低いと思われます。その時、自衛隊が行動しなければなりません。

ただ、米軍が沖縄にいることが抑止力になっていることは事実ですので、シナや北朝鮮が明確な軍事行動を起こすことはあり得ません。自衛隊が自由に動けない現在の日本では、日米同盟の堅持が最大の安全保障です。自主防衛ができればそれに越したことはありませんが、なかなか政治家の先生が議論を深めてくれないので、遅々として進まないのが現状です。

憲法改正には、多くの時間がかかります。そう簡単に改正できないからこそ、大事な議論をしなければいけません。日本人は、憲法改正と軍事の問題から逃げてきました。そして、勝手にタブーを作ってしまいました。その結果、他国からはなめられ続けているのです。北朝鮮からミサイルを打ち込まれても何もできないのが現在の日本です。これがアメリカだったら、必ず攻撃すると思います。しかし、日本は反撃できないことを知っているので金正日に弄ばれているのです。世界第二位の経済大国が、世界最貧国から脅されているのです。こうした情けない状態は、一日も早く改善しなくてはなりません。

本日の街宣、上記のような話を簡単にしました。
まだまだ、外交や安全保障の問題を理解している政治家が少ないので、幸福実現党や私自身も研究を続ける必要があります。当選したら、必ずこの問題は深めていきたいと思います。自分の国は自分で守るという、当たり前の政治を取り戻すために。






写真は藤枝駅での街宣と焼津後援会での講演の模様



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/439-60facde4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。