スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

菅談話発表

 2010-08-10
私はこの数日沖縄に行っていましたが、帰りの飛行機を待つ時に10日に談話を発表することが閣議決定されました。なんということでしょうか!もちろん、反対署名などをしましたが、とうとう本日午前に談話が発表されてしまいました。質疑応答までは入っていませんが、現時点メディアで掲載されている全文です。
 
韓国併合100年 首相談話の全文
転載はじめ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100810/plc1008101141007-n1.htm
 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の8月、日韓併合条約が締結され、以後36年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫(わ)びの気持ちを表明いたします。

 このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌(ぎき)等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

 日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

日韓両国は、今この21世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆(きずな)がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。
日韓両国は、今この21世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆(きずな)がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。
転載終わり
 
大変失礼かもしれませんが、菅首相、あなたの歴史認識は完全に間違っています。日本は韓国という国と文化を奪ったのではありません。むしろ逆です。日本は、当時全く国論がまとまらず自立できない朝鮮を併合したのです。併合と植民地支配は根本から異なります。日本政府は、ハングルをむしろ見直し、推奨しました。創始改名は強制的ではありませんでしたし、日本の軍隊には改名しなくとも入隊させていました。農地改革による生産性の上昇やインフラ整備、教育の充実は日本が行ったものです。ですので、評論家の黄文雄氏が主張しているように、「韓国は日本がつくった」のです。これが真相であるにも関わらず、一方的に韓国に謝罪をすることが正義だというのでしょうか。これでは、ますます韓国は日本に対して傲慢になってくることでしょう。へりくだる必要性は全くないにも関わらず、なぜ前倒ししてまで談話を発表するのか、理解に苦しみます。首相は、この談話によって日韓関係が前向きになるとお考えでしょうが、逆に作用することが理解できないのでしょう。賠償問題には踏み込んでいないものの、私は一国の首相が国民の理解を得ずに一方的な謝罪談話を発表することは間違っていると考えます。政府では、自民党の安倍晋三氏が中心となって批判していますが、こちらが正論です。下記の産経新聞の安倍氏のコメントを参照下さい。まさに、国民と歴史に対する重大な背信です!
 
 
転載はじめ
超党派議連「創生『日本』」(会長・安倍晋三元首相)も「(首相談話は)国民や歴史に対する重大な背信で、容認できない」とする声明をまとめた
転載終わり
 
今日より、静岡でも談話批判の政治活動を開始です。
早速明日の朝には、静岡駅北口で演説も行います。
 
菅・仙谷体制は、社民党や共産党と変わらない完全は左翼政権です。保守王国にいる人間として、断じて首相の談話発表を許すわけにはいきません。また、この政権を続投を望む国民には疑問符がつきます。マスコミも意図的に作っているでしょうから、余計に腹が立ちます。
 
やはり、一日も早く、民主党政権を倒さなければなりません。
日本に誇りと希望を取り戻すためにも、私たちは一致団結して国の危機を救わなければなりません。自民党は追及をしているのですが、どうも甘いようです。これは党派を超えて活動をしなければ世論を変えることは難しいと感じています。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/359-988cb025

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。