スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

全閣僚が靖国参拝見送り

 2010-08-10
このたび、全閣僚が靖国参拝を見送ることが決まりました。
民主党にとっては当然のことなのでしょうが、シナや韓国にどこまで譲歩すれば気が済むのでしょうか。
全くこの政権からは国家を護る気概を感じません。
靖国神社に眠る英霊は、さぞや今の現状に涙していることでしょう。
岡田外相はA級戦犯を理由に、山田農相はカトリック信者を理由に、前原国交相は閣僚であることを理由にしていますが、すべて参拝を見送る理由としては弱いとしか言えません。麻生前首相はクリスチャンでも参拝しています。また、A級戦犯はシナや朝鮮が言っているだけで、日本国内では戦争犯罪ではありません。そうした歴史的事実を知らないのでしょう。また、閣僚でなかったら前原氏は参拝するというのでしょうか。結局、参拝する気がなく、英霊に対する感謝の思いは全くないということです。これが現政権の閣僚の実態です。
 
 
 
転載はじめ
菅内閣の全17閣僚が15日の終戦記念日に靖国神社に参拝しない見通しになった。10日午前の閣議後の記者会見などで各閣僚が明らかにした。菅直人首相も在任中に参拝しない考えを表明している。自民党政権では閣僚の参拝が恒例化し、中国、韓国が反発してきた。終戦記念日に閣僚が一人も参拝しないのはこの30年では初めて。

 仙谷由人官房長官は10日の記者会見で「閣僚は公式に参拝するのは自粛しようというのは、日本政府の考え方だと存じ上げている」と述べた。鳩山由紀夫前首相は政権交代直前の昨年8月、「(政権交代後)閣僚にも自粛を頂きたい」と求めており、菅政権も踏襲した形だ。

 自民党政権では80年に鈴木善幸内閣が「閣僚は首相と一緒に参拝する」と申し合わせて以降、終戦記念日の閣僚参拝が続いた。79年以前の記録は残されていない。【野口武則】
転載終わり
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/358-29ba6744

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。