スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

菅談話は密室で決まった

 2010-08-11
昨日発表された菅談話は、密室で文面が決まったようです。
今朝は、静岡駅北口にて、後援会のメンバーと街頭演説を行い、菅談話批判演説を行いました。






産経新聞のWEB版によると、外務省からは、「新たな謝罪と補償はしないように」との要求があったことも判明していますが、新たな謝罪はしてしまいました。今後、新たな補償が作られないことを祈るばかりです。詳細は下記をご覧下さい。

転載はじめ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100810/plc1008102316030-n1.htm
2010.8.10 23:14
 
このニュースのトピックス:歴史認識

菅直人首相の記者会見を聞く仙谷由人官房長官=10日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影) 政権が再び“暴走”を始めた。菅直人首相が10日発表した日韓併合100年に関する談話は、十分な議論もないまま閣議決定され、平成7年の「村山談話」と比べても大きく踏み込んだ内容となっている。先の参院選で、その暴走傾向に「NO」を突きつけられたはずの菅政権だが、今度は歴史認識問題で大きな禍根を残そうとしている。

 今回の首相談話は、まさに密室の中で決められた。

 政府側が民主党サイドに「首相談話を10日に閣議決定」との方針を伝えたのは9日午後。福山哲郎官房副長官が党政調幹部を国会内に集め、談話の骨子を説明した。一部の出席者は「いつまで謝罪を続けるのか」と反対論を唱えたが、首相は黙殺するように側近議員と首相公邸にこもり、ひそかに文案を練り続けた。

 こうして作成された談話は10日午前の閣議にはかられ、全閣僚が署名した。ただ、民主党政調会長でもある玄葉光一郎行政刷新担当相は閣僚懇談会であえて苦言を呈した。
 「すべての段取りができあがって『こういう風に』と言われても大きな変更はできない。今後は早い段階で相談してほしい」
 首相談話の内容に驚いたのは民主党議員だけではない。ある外務省幹部は「官邸にだまし討ちされた」と憤る。
 もともと外務省は今回の談話に重大な懸念を持っていた。補償問題は昭和40年の日韓基本条約によって「完全かつ最終的」に解決済みというのが、日本政府の一貫した立場だが、仙谷由人官房長官が新たな補償に前向きな姿勢を示していたからだ。

 外務省側は仙谷氏らに新たな謝罪・補償には応じないよう「ご説明」を繰り返した。官邸側は「参考にさせてもらう」と返答してきた。安心した外務省は7月21日、文化財等の韓国への引き渡しを「検討している事実はない」(児玉和夫外務報道官)とする“公式見解”を出したが、結果は違った。

 今回の談話には、韓国政府への過剰な配慮も見え隠れする。
 日韓併合100年にあわせた談話ならば、併合条約が発効した8月29日や終戦の日の8月15日の方がふさわしい。
 だが、政権にとっては8月15日より前の談話発表が絶対条件だった。8月15日は韓国にとって植民地支配から解放された「光復節」にあたり、大統領が国民に演説するのが通例だ。今年は併合100年の節目であり、韓国国民の期待は例年に増して高いという。

転載終わり

どうやら、菅首相は外務省の意見と民主党内部の批判勢力を無視する形で強引に談話を発表したことが分かります。これは完全に国民を裏切る行為であり、仲間まで裏切る行為です。民主党内でも保守勢力はいますので、当然のごとく批判はあったことでしょう。結局、菅首相の裏で糸を引いていたのは、仙谷由人官房長官だということが分かります。左翼弁護士本領発揮ということでしょうか。菅首相と共に、まさに売国奴と言っても過言ではないでしょう。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/357-39aedcbc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。