スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

自衛隊火力演習

 2010-08-30
昨日は、静岡県の御殿場にある陸上自衛隊の東富士演習場が毎年行う「富士総合火力演習」に参加してきました。
朝4時半に起床し、6時に富士の知り合いと合流。7時前には会場に到着しました。開始は10時だったのですが、知り合いから朝7時くらいには会場入りしておかないと席がないということでした。実際その通りで、既に私がついた頃にはかなりの方が会場にいました。ヘリやりゅう弾砲などが事前演習で目の前を通るなど、開始前でも十分楽しめました。


10時開演と同時に陸上自衛隊の主要装備品の紹介と実弾演習が行われました。これを前段といって約1時間でしたが、これだけでも十分楽しめる内容でした。また、後段では偵察行動から攻撃をする、各種のヘリが登場したり、第一線部隊の攻撃演習など、前段にはない実践的な内容でした。2時間の演習でしたが、あっと言う間に終了。この日は朝から天気もよく、暑かったのですが、ぜんぜん気にならないほどでした。

今回初めて火力演習を見ましたが、自衛隊の能力の高さ、規律正しさが目に付きました。戦車が放弾するときの爆発音にも近い轟音にも驚きました。空挺団のパラシュート落下も見ましたが、実に見事でした。日頃、地道な努力を続けている姿をあますところなく見せてくれました。日本国を守るために努力の汗を流している自衛隊員の方に、改めて敬意を表します。


さて、現在、自衛隊は明確に軍隊として認められているとはいえません。今回の火力演習では、かなり正確な射撃能力を有していることが分かりましたが、ある専門家によれば、実際に戦闘のために準備しているわけでもないようです。さらに、実弾は北海道に集中しておいてあるために、実際に使うときには弾がないということもあるそうです。

本日は、北沢防衛相も来ていました。しかし、この人は防衛のことはほとんど考えていない人物です。憲法と自衛隊法の改正を見据えた国防力の強化など頭の中に入っているかどうか怪しい人物です。


シナや朝鮮半島の情勢がきな臭くなっている今、一番大事なことは「自分の国は自分で守る」という常識です。

本日の参加者は約3万人と言われておりますが、これだけ多くの方が興味を持っていると言う証拠です。しかし、政治家は一切国防の話をしません。選挙の争点にもなりません。これは異常な状態です。やはり、周辺諸国が不自然な軍拡を続け、さらに沖縄沖を南下するなど、ますますやりたい放題になっている今、真剣に国防を考える時期に来ていると実感しました。




演習開始前の装備品登場の様子






迫力満点だった戦車
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/335-a8a66802

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。