スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北朝鮮がまた核実験か?

 2010-09-03

北朝鮮、近く核実験の可能性=米専門家

時事通信 9月3日(金)9時32分配信
 【ワシントン時事】米タフツ大学のイ・ソンユン講師は2日までに、米外交専門誌フォーリン・アフェアーズ(電子版)に寄稿し、北朝鮮が建国記念日前日の8日や朝鮮労働党創建日の10月10日に新たな核実験を行う可能性があると指摘した。
 イ氏は、1960年代初めから北朝鮮の手法は一貫しており、軍事的・政治的瀬戸際政策により譲歩を勝ち取ってきたと分析。北朝鮮との交渉再開を拒むオバマ米政権に譲歩を促し、新たな交渉を来年初めに開始するため、数カ月以内に3回目の核実験を行うとの見方を示した。
 
またまた北の暴走が始まりました。
自国民の飢餓には目を向けず、ただひたすら核保有国というプライドにこだわる無法国家。この無法者に何もいえない日本政府。日和見的な態度が北の暴走を招いているとしか思えません。
 
間接的ではありますが、先月の菅談話発表によって、北朝鮮政府が動き出したと見るのが自然だと考えます。賠償や謝罪の要求にとどまらず、次は核実験です。端的に言えば、ますます日本がますますなめられているということです
 
日本政府は、拉致被害者の早期解決を要求し、それができないならば一切の経済的取引を中止するべきです。経済制裁は無期限でもいいでしょう。それくらいやらないと、北の暴走を止める効果はありません。たとえ、北の生産物が中国経由で流れることがあるとしても、日本は毅然とした態度をとるべきですが、今の政権にできるかは甚だ疑問です。少しくらいは日本国のためになることをしてください、総理。
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/329-02af0b35

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。