スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

飛ぶように売れている「昭和的グッツ」

 2011-05-12
最近は、東日本大震災と福島原発問題による電力不足だけではなく、浜岡原発の停止を中部電力が受け入れたことで、国民の間に節電マインドが浸透してしまいました。
 
我が国の電力事情が根本から見直しを図られている本年、どうやら夏は暑くなるようです。
 
天候は、人間の事情に合わせてはくれないようです(笑)。
 
さて、そうした節電対策として、扇風機や土鍋、魔法瓶が飛ぶように売れているとの記事を見つけました。
 
転載始め
 

飛ぶように売れる扇風機、土鍋、魔法瓶――。この夏、節電で見直される「昭和的グッズ」の数々

ダイヤモンド・オンライン 5月11日(水)8時30分配信
 ただでさえ電力不足が懸念されているこの夏だが、気象庁が4月25日、3ヵ月予報を発表したところ、なんと今夏の気温は高めになる見込みだという。記録的猛暑となった昨年に続いて、思わず気が滅入りそうだが、非情な天を恨んでみても仕方ない。ここはひとつ、頭を使って猛暑の夏をやり過ごすしかないだろう。

 そんな今、首都圏では早くも夏物商戦が本格化しているという。エアコンの利用を控え、出費を抑えて賢く過ごす――。そんな消費者の姿が浮き彫りになってくる。

 そして、今という時代を映し出すように、その消費を特徴づけるものとして、「扇風機」や「土鍋」「魔法瓶」といったレトロな“昭和的グッズ”が注目されているというのだ。

 まず扇風機だが、家電量販店などでは活発な動きが見られるという。ヨドバシカメラマルチメディア横浜店(横浜市)では、扇風機売り場を通常より 1ヵ月早く開設し、120種類以上のラインナップを揃えている。すでに1日に100台以上と、例年の約10倍の売れ行きとなっており、早くも多くの消費者が暑さ対策に乗り出しているのがわかる。

 続いて土鍋は、電気釜よりも節電ができ、おまけにご飯がより美味しく炊けると好評だ。高島屋横浜店(横浜市)では、昨年の2倍のペースで売れているという。

「魔法瓶は持ち運びに便利で空だきの心配もない」と、象印マホービン(大阪市)では今年3月の出荷数が前年比3割増であった。

 特にこの夏は、エアコンの代替需要が高まることは必至で、涼感効果のある下着や寝具、ポロシャツやTシャツなどのクールビズアイテム、保冷シートやスプレーなどにも関心が集まるだろう。さらには、すだれやうちわ、蚊取り線香など、懐かしい昭和的グッズも注目されるに違いない。

 先の震災は、この国に多くの悲しみや苦しみをもたらした。それと同時に、日本人のメンタリティも大きく変わり、日本中が、いや世界中が劇的に変革する転換点になったことは言うまでもない。

 筆者はそこに“原点回帰”の流れを強く感じるが、虚飾を廃し、ものの本質を再評価しようとする動きは、ある意味良いことだと言えるのではなかろうか。

(田島 薫)

転載終わり
 
私は、土鍋という単語を久しぶりにみました。
電気炊飯器に比べて節電効果があるのは事実でしょう。
確かに、こういう商品が売れるのは当然の成り行きですが、田島記者が最後に書いてあるように、原点回帰を主張しているところはうなずけます。
 
地震や津波、原発だけがリスクではありません。
台風だってあります。
他国からミサイルが飛んでくることもあります。
現代文明は、こうしたリスクが現実化した時に、実にもろさを露呈してしまいます。
その意味で、私も日頃使用している電化製品やアイテムを「原点回帰」してみようかって気にさせられてしまいました(笑)。別に貧乏性だという自覚はありませんが(#^.^#)
 
今年の夏が暑くなるのなら、本気で対策をしないといけませんね。
いちおう、中部電力が火力発電を使用することで停電はないようですが、こればかりは何とも言えません。現在の政府の対応を見ていると、本当に何をしでかすか分りませんから。
 
昭和アイテムがはやるのは構いませんが、日本経済の水準が昭和レベルに回帰するのはいただけません。やはり、震災復興を通じて日本経済が停滞することを防がなければなりません。
 
 
 
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/32-c605025f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。