スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

元米兵捕虜への謝罪は必要なし&シナへの対応は手ぬるい

 2010-09-13
代表選が続いておりますが、相変わらず民主党政権の外交は謝罪と譲歩の一点張りで情けない限りです。
まずは、この記事から見てみましょう。

転載はじめ
「非人道的扱いにおわび」=岡田外相、元米兵捕虜に公式謝罪

時事通信 9月13日(月)12時46分配信
 岡田克也外相は13日昼、太平洋戦争中に日本軍の捕虜となった元米兵レスター・テニー氏ら6人と外務省で面会し、「皆さんが非人道的扱いを受けたことに対し、日本政府を代表して心からおわびする」と公式に謝罪した。テニー氏は「われわれの存在を認め、おわびしてほしいと求めてきた。このような機会を歓迎する」と語った。
 テニー氏らはフィリピン戦線で捕虜となり、九州の炭鉱などで強制労働をさせられた。テニー氏は「われわれを働かせた日本企業は65年間沈黙を保ち、おわびの言葉もない。これは侮辱だ」と批判した。
 元捕虜とその家族は今回、政府による初の招待で来日。19日までの滞在中、交流行事への参加を予定している。 
転載終わり


実に思慮に欠ける謝罪をしたものです。
この元米兵捕虜の話から言えば、アメリカ政府は日本に対する謝罪をするべきです。なぜなら、「非人道的扱い」ということで言えば、大都市への無差別空襲と広島、長崎への原爆投下の方がはるかに「非人道的」だからです。戦闘員以外を殺害するのは、国際法違反です。上記に米兵捕虜の訴えは理解しますが、日本政府が公式に謝罪をしてはいけないことです。岡田外相は、全く外交のイロハが分かっていません。今後、元米兵や旧連合国から同じような訴えを起こされたら大変なことになります。まさに売国外交です。

次は、もっと許されない外交です。
シナの漁船事件で逮捕された船長一味が取調べを受けていましたが、なんと船長を除き全員釈放だということです。下記の時事通信の記事をご覧下さい。


転載始め

中国船、船長除き全員帰国へ=ガス田交渉再開申し入れ―仙谷官房長官

時事通信 9月13日(月)11時42分配信
 仙谷由人官房長官は13日午前の記者会見で、東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、逮捕した船長を除く14人の船員全員について、任意の事情聴取を終えたとして同日中に帰国させ、漁船も帰還させることを明らかにした。船員は同日午前、中国のチャーター機で、沖縄県の石垣空港から中国に向かった。
 仙谷長官は船員について「任意の事情聴取が済めば、国内法によっても留め置く権限はない」として、13日午後には帰国させるとした。漁船についても12 日までに実況見分を終えたとして帰還させる。逮捕した船長については「日本の国内法に従って一つの刑事事件として粛々と手続きを進めている」と述べた。
 一方、中国の戴秉国国務委員(外交担当)が12日未明に丹羽宇一郎駐中国大使を同国外務省に呼び出し、船員帰国を求めたことなどについて、仙谷長官は「そういう時間帯に呼び出したことは日本政府からすると遺憾だ」と述べた。
 中国が東シナ海ガス田共同開発に関する交渉延期を決めたことについては、「(事件とは)問題の筋が違う」と指摘、「日中の未来志向の関係構築のため、早期に(交渉を)設定してほしいと中国に申し入れをする」と表明した。また、「14人の船員と漁船が帰ればまた違った状況が開けてくるのではないか」と交渉再開に期待を示した。 
転載終わり


領海侵犯を繰り返し、加えて理不尽な要求を押し付けてくる国がシナです。
シナは全く悪びれることもなく、駐中国大使を早朝に呼び出したりする狼藉を働いています。それ以前に、日本の領土を著しく侵している連中を簡単に帰していいのでしょうか。しっかりと国内法でも裁くべきです。これでは、全くシナ人からなめられることになります。

そして、日中の未来志向などと能天気なことを言っていますが、現在のような外交をしている限り、日本はシナの完全な属国となるということです。この辺が仙谷官房長官は全く理解していないようです。

シナの領海侵犯には、海上自衛隊の装備と取締りの強化、犯罪を犯したものには厳しい刑罰を課すべきです。それでも領海侵犯を繰り返してくるならば、容赦なく拿捕することです。それくらいやらないと、この問題は解決しません。

「売国民主」の本領発揮ということを示した外交が2件も続きました。
日本国民は、いい加減に民主党政権の恐ろしさを理解するべきです。
いつまでも平和ボケしている暇はありません。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/317-3709075b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。