スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

民主党代表選を受けて

 2010-09-15
民主党の代表選終わりました。
 
大差で菅首相の勝利でした。
小沢氏になっても、日本の未来は決して明るくないのですが、菅直人首相の場合は極左政権が実態であり、日本の外交は間違いなく危機だということです。
 
菅首相は、選挙期間中に決して尖閣諸島の話をしませんでした
日本の領土である尖閣諸島が、シナにより不法占拠されるかどうかの大事な局面で、首相として一言も言及しないということに戦慄を覚えます。シナや朝鮮に媚び、謝罪外交を続けることで、日本は諸外国からなめられることになります。実際、8月10日に出された菅談話以降、諸外国からの謝罪要求はとまることがありません。加えて、反日組織が勢いづいてしまったという面もあります。
 
今朝の街宣は、焼津駅前で行いました。
内容は、上記の通りです。どこの政党も批判声明を出していませんし、マスコミも菅首相を擁護している報道が見かけられたので、全く危機感が足りないと感じます。
やはり、日本人の生命・財産・安全を護り、伝統・文化、歴史を大事にしてこそ、国会議員です。愛国心もなく、平気で祖国を売るような売国奴は、一日も早く国会議員のバッチをはずすべきです。そして、外交や安全保障面において、諸外国に対して物怖じしない政治家が必要です。それができないならば、自民党と民主党の二大政党制は影にしか過ぎません。
 
真の保守政治を体現する政治家や有志が一体となって、迫り来る国難と戦っていかなくてはなりません。菅政権は、外交の危機をもたらします。その前に、経済危機をもたらすかもしれません。いずれにしても、これまでの業績は、日本国の国益にかなった仕事となっていません。衆院を解散して、民意を問うつもりはないようですが、はたしてどこまでもつでしょうか。既に、国民の支持はなくなりつつあるという、厳然たる事実をしっかり受け止め、首相としての仕事をして欲しいものです。
 

 
焼津駅前での街宣。静岡西後援会の皆様、ご支援まことにありがとうございました。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/315-5ca42a1e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。