スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

悪夢の新内閣 売国奴が勢ぞろい

 2010-09-18
菅内閣の新しい顔ぶれがそろいました。
それにしても、ここまで売国奴政治家がそろうとは思いもしませんでした。
特に、この人物を閣僚に据えたことは、犯罪的な人事です。


転載始め

仰天人事、岡崎国家公安委員長 反日デモに参加、在日朝鮮人から献金…

産経新聞 9月18日(土)1時44分配信
菅改造内閣のサプライズ人事といえば、警察の「総目付」役である国家公安委員長に、岡崎トミ子参院議員が就任したことだ。首相経験者の一人は「仰天した」というが、岡崎氏の過去の“特異な”言動を振り返るとそれも納得できる。

岡崎氏は通常国会の会期中の平成15年2月、ソウルの日本大使館前で韓国の慰安婦問題支援団体主催の反日デモに参加し、韓国人と一緒に大使館に向かってこぶしを振り上げた。このデモに日本の国会議員が加わったのは初めてだった。

岡崎氏は当時、「反日デモではなく、日本政府に謝罪と補償を求めるデモだ」と釈明したが、現場では日の丸に「×印」をつけた看板も並べられていた。このときは、民主党の役職停止処分となっている。

16年3月には、女性国会議員のメールマガジンで、こんな独特の見解も表明している。

「外国人犯罪が増えているというが、日本人が犯した場合には立件もされないような軽微な犯罪が多い」

同年4月には、岡崎氏の政治団体が13年に、外国人からの寄付を禁止した政治資金規正法に違反し、北朝鮮籍で朝鮮学校理事長の男性と、韓国籍のパチンコ店経営者からそれぞれ2万円ずつ寄付を受け取っていたことも発覚した。

岡崎氏は当時、この理事長とは、朝鮮学校の運動会に出席するなどで「日ごろから懇意にしていた」と説明した。パチンコ店経営者からの寄付は、産経新聞の指摘を受けるまで「違法と気付かなかった」としたが、こんな国家公安委員長で本当に大丈夫?(阿比留瑠比) 

転載終わり

国会中に韓国の反日デモに参加した人物を、国家公安委員長ですか。
国家機密はシナや朝鮮に流れ、反日外国人の犯罪は軽くなる危険性を感じるのは私だけでしょうか。
非常に嫌な予感がします。


そのほかにもこんな人物がいます。

また、細川律夫厚生労働大臣は「外国人参政権」を推進者。
「二重国籍推進」派で、不法入国者に対して「もし私が法務大臣なら、彼らに日本在留許可を下すために全力を尽くすだろう」と述べたほど。

松本龍環境大臣は部落解放同盟副委員長、日韓議員連盟常任幹事を兼ねているいわくつきの人物。

旧社会党出身者が多く、まさに赤色内閣と命名した方がよいほどです。
「有限実行」とは、外国人地方参政権や人権擁護法案を実行するという意味にとれます。まさに、新内閣は売国奴が勢ぞろい。まだ鳩山内閣の方がましに見えます。

本気で保守回帰の政治を展開しないと、日本はシナや朝鮮半島の支配下に入る可能性が高くなります。

またまた厳しい戦いとなりそうです。



焼津での幸福実現党主催の講演。経済問題でしたが、当然新内閣について触れました。


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/312-7fb60370

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。