スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

絶対に謝罪は禁物

 2010-09-26
菅首相は、シナからの理不尽な要求を表面上退けた形となりました。
それはそれで結構です。
ただ、時間がたって謝罪や賠償ちらつかせて日中首脳会談を取り付けることだけは断じてやめて欲しい!
とにかく、一国の首相として絶対に謝罪をしてはいけません。
ましてや、日本は何も悪いくないのですから。
人の庭に勝手に入ってきた連中に温情はいりません。
盗人猛々しいのはシナのほうですから。
また、株式会社フジタの社員の無条件釈放と逆にシナ政府に対する損害賠償を要求するのが筋です。
 
転載始め

謝罪・賠償「応じられぬ」=尖閣沖衝突、中国の要求拒否―菅首相

時事通信 9月26日(日)12時27分配信
 菅直人首相は26日、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で中国側が日本に謝罪と賠償を求めていることについて、「尖閣諸島はわが国固有の領土だ。謝罪、賠償は考えられない。全く応じられない」と述べ、拒否する意向を示した。視察先の東京都青梅市内で記者団の質問に答えた。
 また、首相は、今後の日中関係について「戦略的互恵関係を深めるという点は、中国側も姿勢を変えないと言っている」と指摘した上で、「大局的観点に立って行動することが大事だ」として、日中双方が冷静に対応すべきだとの考えを強調。検察当局が中国人船長の釈放を決めたことに関しては「検察庁が法に基づいて対応したものだ。国内法に基づき粛々と判断したと承知している」と、改めて説明した。 
転載終わり
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/302-63f2a3a9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。