スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

シナ船長釈放は、三国干渉以来の国難

 2010-09-28
今朝は興味深い発言をした記事が出ていました。
今回のシナ人船長釈放に関して、民主党内の保守派ががんばっているようであります。
 
まずは、以下の読売新聞の記事をご覧下さい。
 
転載始め

民主も漁船長釈放は「三国干渉に匹敵する国難」

読売新聞 9月28日(火)10時33分配信
 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で中国人船長を釈放したことに対し、民主党内から27日、政府の対応に対する厳しい批判が噴出した。

 27日夕、国会内で開かれた民主党の法務・国土交通・外務合同部門会議は、約80人の同党議員が約1時間にわたって松本剛明外務副大臣、小川敏夫法務副大臣ら政府側の説明を求め、「つるし上げ」(出席者)の様相を呈した。

 焦点は、那覇地検が船長釈放の理由の一つとして、「日中関係への配慮」を挙げたことだ。政府側は「検察に任された範囲内の判断だ」と繰り返した。

 しかし、出席者からは検察当局と外務省のやりとりの詳細を明らかにするなど、さらなる説明が必要だとの声が続出した。

 政府への申し入れなども相次いだ。

 吉良州司前外務政務官と長島昭久前防衛政務官らは27日午後、首相官邸に仙谷官房長官を訪ね、「総合的安全保障体制の確立」「日中関係の根本的見直し」など8項目を盛り込んだ「建白書」を同党議員43人の署名を添えて提出した。

 建白書は今回の事態を、「日清戦争後の三国干渉に匹敵する国難で、日本国民として痛恨の極み」としたうえで、「検察が独断で判断したと信じている国民はほとんどおらず、『検察の判断』と繰り返すことは責任転嫁との批判は免れない」と指摘した。

 長島氏らによると、仙谷氏は「中国は隣人であり、将来にわたって友好関係を伝えていかなければならない」と強調した。長島氏も記者団に「倒閣運動ではなく、政権をサポートしたい」と述べたが、「三国干渉後の臥薪嘗胆(がしんしょうたん)のような思いだ」と歯がゆさをにじませた。

 一方、松原仁衆院議員ら12人も、尖閣諸島への自衛隊常駐の検討などを求める声明を連名で発表。レアアース(希土類)輸出停止などの事実関係について丹羽宇一郎駐中国大使から聞くことや、中国漁船の巡視船衝突を映した海上保安庁のビデオ公開も求めた。

 松原氏ら同党議員73人の連名による緊急声明では、那覇地検の対応を「検察の権限を大きく逸脱した極めて遺憾な判断だ」とした。

 建白書や声明に署名した民主党議員は多くが保守系と目され、先の党代表選で小沢一郎元代表を支持した若手議員が過半数を占める。ただ、小沢氏はこの問題について沈黙し、松木謙公農林水産政務官ら小沢氏側近も署名に加わっていない。小沢グループの若手議員は署名に際し、同グループ幹部に相談し、「一議員としてならいいが、グループとして動くのは避けてほしい」と指示されたという。

 政府の対応には、首相に近い議員からも「小沢氏系だけが批判しているわけではない」との声が出ている。

 小沢グループとしては「このままでは菅政権はもたない。足を引っ張っているように見られるので、こちらから動く時期ではない」と、静観する構えだ。

 ◆民主部門会議主な発言◆

 27日の民主党法務・国土交通・外務合同部門会議での主な発言は以下の通り。

 ・長島昭久前防衛政務官

 「那覇地検が釈放の理由について、法と証拠以外に外交関係にまで言及したのは違和感がある」

 ・松原仁衆院議員

 「政治判断はなかったのかどうか。ないならば、検察が日中関係というようなまさに国が判断すべき部分まで判断していいのか。それ自体、民主党の政治主導と矛盾するのではないか」

 ・藤末健三参院議員

 「事実関係を明確にし、国際世論を味方につけるべきだ。そのためには映像を公開すべきだ」

 ・小川敏夫法務副大臣

 「政治介入はなかった。検察庁が捜査して決めたことだ」
最終更新:9月28日(火)10時33分

 
今回の判断は、首相と前原外務相が訪米中に起きた事件です。那覇地検に対する批判が高まっていますが、様々な情報筋から入ってくるものとしては、仙谷官房長官が仕切ったといわれています。今回、三国干渉以来の国難という言葉を使って仙谷官房長官宛に提出されたのは非常によいと思います。
 
三国干渉とは、日清戦争に勝利した後の下関条約で日本への割譲が決定していた遼東半島を清へ返還するように、ロシア、ドイツ、フランスが干渉してきた事件です。清国に圧勝したはいいが、日本まだ欧米列強から見たら小国だったために外交で負けました。しかし、今は日本は世界第二位の大国です。シナのGDPが日本を抜くといっても、まだまだあの国は途上国です。一人当たりでみたら十分の一程度なので、問題外です。当時とは全く国力の差は開いており、国際的にも外交力を発揮できる立場にいるにも関わらずシナに頭が上がらないというのは情けない限りです。
 
日本人は、先人が欧米列強と戦って勝利してきた気概を見習うべきです。
小国だろうが、清やロシアを破ったのは日本人の愛国心であり国を護る気概でした。日本は、自国の領土が侵略されている現状に対して勇ましく戦わなければいけません。シナの圧力に決して屈してはなりません。
 
「売国民主」の中からまともな意見が出てきたのはよいことです。
彼らは一日も早く、極左政権を離脱して、保守層と手を組むべきではないでしょうか。
 
 
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/300-d0622530

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。