スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本の巡視船からシナ漁船に衝突?(修正記事)

 2010-10-11
シナという国は、嘘をつくことに関して世界一罪意識を持っていない国です。
共産党一党独裁ということは、唯物論・無神論国家だということですから、当然嘘をついても悪いという感情は起きないのでしょう。シナ国内文化で言えば、「騙すよりも騙されるほうが悪い」ということですから、嘘をついて自分の利益となればよいのでしょう。
 
今回の尖閣諸島で起きた事件ですが、シナ政府や国民が嘘の付き放題です。
下記の産経新聞の記事をご覧下さい。
日本人は、株式会社フジタの社員が全員釈放されたことで、問題解決だと思ったら大間違いです。
既に、日本政府はビデオの公開をシナに配慮してやめてしまいました。
その結果、日本の巡視船のほうからシナの漁船にぶつかってきた(前回は海上自衛隊と書いたが、日本の巡視船からの間違いでした。訂正しました)というデマが既成事実化しようとしています(世界の一流メディアはまともに取り扱っていませんが)。
 
転載始め

尖閣で中国ネット氾濫 「海保が衝突」既成事実化も

産経新聞 10月11日(月)7時56分配信
尖閣で中国ネット氾濫 「海保が衝突」既成事実化も
拡大写真
衝突事件の現場(写真:産経新聞)
 ■当局放任/日本はビデオ公開及び腰

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、海上保安庁が撮影したビデオ映像の公開を日本政府が先延ばし続けるなか、中国国営通信社や共産党系のインターネットサイトで、海保の巡視船側が中国漁船に衝突したとする図などが掲載されている実態が10日、明らかになった。日中首脳会談が4日に行われたにもかかわらず、中国当局も放任を続けており、中国政府の一方的な主張が“既成事実化”する恐れも強まっている。(原川貴郎)

[フォト]【軍事情勢】「粛々」と「冷静」に滅ぶ国家

中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙「環球時報」は、衝突事件の“実態”について、日本の巡視船の方から中国漁船に衝突したとする説明図を掲載してきた。中国政府の「日本の巡視船は中国の領海で中国漁船を囲み、追いかけ、行く手を遮り、衝突して損傷させた」(姜瑜・中国外務省報道官)との主張に沿ったものだ。

「(中国漁船が)巡視船に体当たりした悪質な事案で逮捕は当然」(前原誠司外相)とする日本側の説明とはまったく異なる。

1日ごろから同紙のサイトからはこの図はなくなったが、今も国営新華社通信のサイトのほか、中国の大手ポータルサイト「新浪」の衝突事件特集サイトなど、中国ネット空間のあちこちに氾濫(はんらん)している。

環球時報は9月23日から10月6日まで尖閣諸島周辺海域で活動した中国の漁業監視船2隻に記者を同行させた。記者らは次のようなリポートを送ってきた。

「われわれの船は日本側の封鎖を突破し赤尾嶼(日本名・大正島)海域への歴史的な航行に成功した」

また、インターネット上の同紙のサイトでは、「中国人が1年間、日本製品を買わなければ日本はすぐ破産する」「日本はすべて中国の領土だ!」などの過激な書き込みが今も続く。

9日夕から同紙のサイトは無料のオンラインゲーム「防衛釣魚島(尖閣諸島の中国名)」を登場させた。中国漁船を操って、日本の「軍艦」に「靴」を投げ尖閣諸島へ航行、日の丸が掲揚された灯台を倒し、中国国旗を翻せば「任務完了」-という内容だ。同サイトは「国家防衛の危険と挑戦が体験でき使命達成の快感と栄誉も得ることできる」とプレーを呼びかける。

視覚に訴える中国側の主張を打ち消すためにもビデオ映像の公開が有効だが、ためらう日本側を尻目に、中国のインターネット空間では事実に即しない一方的な主張や「悪のり」が続くかもしれない。
転載終わり
 
民主党政権さん、あなたがたがしっかりとビデオ公開をすれば、こんなうるさい情報は出てきませんでした。全てはあなた方の弱腰外交が招いている事件です。
一体、いつまで日本国民を欺き、シナ政府の顔色ばかりを見ているのですか。
その結果、大いに国益を損ねていることが、まだ分からないのですか。
 
いい加減にビデオ公開に踏み切ってください!
 
 
 

 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/284-e14aba80

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。