スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

グーグルアースが尖閣の中国表記削除を拒否

 2010-10-24
世界的に有名になったグーグル社のグーグルアースに、尖閣諸島はシナ側の表記がされています。これに対して、自民党が抗議をした模様です。たまには、自民党もいいことをやります。
 
転載始め

尖閣の中国表記で、自民党、グーグルに訂正要求

自民党は13日午後、米インターネット検索大手グーグルの地図情報が、沖縄県・尖閣諸島全体と魚釣島について中国側呼称を併記しているとして、早急に訂正するよう文書で申し入れた。中国漁船衝突事件を受け、尖閣諸島が日本固有の領土であることを内外に徹底する狙い。「グーグルマップ」は、尖閣諸島と同諸島最大の魚釣島に関し、それぞれ中国側呼称の「釣魚群島」「釣魚島」を併記。
転載終わり
 
ただし、これに対して、グーグル側は修正を拒否しています。
これは頂けません。中立を保つ姿勢は言い逃れにしか過ぎません。
なぜなら、尖閣諸島は日本の領土であるからです。
これでは、何も知らない欧米人は、シナにも領有権があると誤解するでしょう。
 
転載始め

グーグルが「釣魚島」の中国語表記削除を拒否中立を保つ

中国網日本語版(チャイナネット)は18日、「日本は10月末の日中首脳会談を推進し、日中関係の修復に尽くしているが、その一方で尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題では強硬な態度を続けている」と報じた。
  日本外務省は14日、グーグルアース(日本)に抗議し、地図上の中国語標記「釣魚島」を削除するよう求めた。外国メディアの報道によると、グーグルは修正を拒否したという。
  外国メディアは15日、グーグル日本は、領土に対する主張の違いではいずれの国の意見を聞くこともなく、この問題では中立を保つと発表したと報道。グーグルアースは世界的なものであり、領土の主権問題をめぐる異なる主張と意見を標記、記述することにしているとしている。(編集担当:米原裕子)
転載終わり
 
こうした細かい部分でも、日本政府はきちんと対応をしていくことです。
一回きりの拒否ではだめで、執拗に主張しなければなりません。
日本にとっては極めて大事な領土問題でありますから、引き下がる必要はありません。世界的企業が、初歩的な間違いを犯すことは許されないのです。
彼らのためにも、日本政府の再度の抗議を求めたいと思います。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/272-6cdfbc32

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。