スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

サッカーの試合に露骨な反日はマナー違反だ

 2010-10-25
来月から、いよいよアジアカップが始まります。
ところが、尖閣諸島問題で揺れている日中関係のさなか、なんと日本はシナとアウェイで対戦します。
下記の記事は、シナ人サポーターが暴れることを予想している記事です。
こんな状態で、本当に大会は成立するのでしょうか。甚だ疑問を感じます。

転載始め

サポーター暴徒化、反日デモの恐怖 サッカー中国戦

夕刊フジ 10月25日(月)16時56分配信
サポーター暴徒化、反日デモの恐怖 サッカー中国戦
拡大写真
U-21日本代表の関塚隆監督。11月のアジア大会で初優勝を目指す(撮影・財満朝則)(写真:夕刊フジ)
中国で反日デモが続発するなか、11月から広東省広州市で開かれるアジア大会のサッカー日本-中国戦での“衝突”が懸念されている。サッカーの日中戦では過去にもトラブルが起きているためだ。中国の反日感情は収まる気配がなく、反日デモは23日の四川省徳陽市に続き、24日にも内陸部の甘粛省蘭州市と陝西省宝鶏市で数百-1000人規模で発生。この勢いに乗り、中国人サポーターが暴徒化する危険もある。

[フォト]国旗を侮辱する国、される国

男子サッカー1次リーグで日本-中国戦が組まれているのは大会開幕前の11月8日。中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件後、日中が対決する初のサッカー試合とあって、治安対策を担当する中国当局幹部は「何が起きてもおかしくない」と危機感を募らせている。

治安当局は現在、反日デモの呼びかけに利用されているインターネット上の書き込みの監視を徹底。競技の妨害行為や騒乱などの端緒の把握に全力を挙げているが、「根本的な対策は難しい」(幹部)という。

関係者が想起するのは2004年のアジア・カップ日中代表戦。この試合では中国人観客が激しいやじを飛ばし、日本人サポーターに物を投げた。警官と小競り合いを起こし、観戦に来た日本の公使の車を襲って窓ガラスを割る群衆も現れた。さらに、ピッチ上でも中国代表選手が日本人選手にラフプレーを連発するなど、試合はピッチ内外で荒れに荒れた。

「当時は小泉純一郎首相による靖国神社参拝が問題となり、反日感情が高まっていた。この反省を基に、当局は観戦マナー教育を進めたといいます」(外務省関係者)

だが、反省が生かされているとは思えない。今月4日に山東省で行われたサッカーU-19(19歳以下)アジア選手権では、試合前に中国人の男が日の丸を奪って逃げる事件が発生。反日感情の高まりが、観衆の異常な行動に直結することがあらためて浮き彫りになった。

9月以降、抗議行動が起きた北京や上海、四川省成都などと違い、広州での反日デモは確認されていない。だが、同地は日系企業が多く進出し、暴徒化した中国人サポーターの標的には事欠かない。7、8月には「広東語を守れ」と訴えるデモが続発しており、民衆の不満が行動となって噴き出す下地もある。

すでに一部のデモでは、「住宅価格高騰を抑制しろ」「官僚腐敗に反対」などと、あからさまな政府批判の横断幕も出始めている。中国で深刻化している収入格差の拡大や汚職に対する不満は一部で吹き出しており、治安当局も完全には統制できない状態だ。

「『反日』をお題目にして、不満を募らせた中国人が憂さ晴らしのために試合場に殺到する恐れもある」(前出・外務省関係者)といい、主催者側はテロ警戒なども含め、万単位の治安要員を動員して大会に臨む構えだ。

転載終わり

シナの国民性は本当に低いと感じるのが、スポーツの試合でも顕著に現れます。
思い出されるのは、2004年のアジアカップ決勝です。
この試合はテレビで観戦していましたが、本当に不愉快な思いをしました。
結果は、日本が圧勝だったので、胸のすく思いをしましたが、後味の悪さが残ったのも事実です。


日本代表は、大会を通じて反日と戦いました。
ボールが日本勢に渡ればブーイング、逆に相手陣営に渡れば大歓声というように。
さらに許せないのは、いくら政治問題が両国間にあるとは言え、国歌斉唱の際に大ブーイングをすることです。これは明らかにマナー違反であり、シナ人の民意の低さを露呈しているわけです。
国際映像でも流れるわけなので、日本のマスコミは、遠慮なくシナ人の狼藉を報道するべきでしょう。


U- 19の大会でも、日の丸を盗んだ男が乱入するという事件がありましたが、
今回はアジア大会ですが、このような国際情勢で、なぜ日中戦がシナでやらなければいけないのでしょうか。
やはり、サポーターが暴徒と化すことは十分に想定される以上、会場の変更を検討するべきだと思います。








タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/271-f363ed87

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。