スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

米韓軍事演習始まる

 2010-11-28
北朝鮮の韓国への砲撃を受けて、急遽開催されることになった米韓軍事演習。
北がアメリカへの「報復」をちらつかせていることから、軍事演習がそのまま熱戦となる可能性もゼロではない中での演習となります。
 
当初の予定よりも、NLL(北方限界線)よりも韓国南西沖に変更し、北朝鮮とシナに一定の配慮を見せたようであります。下記の記事では、地図が明記されているので、転載します。
 
転載始め
【ソウル時事】北朝鮮による延坪島砲撃事件を受け、米韓両軍は28日、黄海で合同軍事演習を開始した。米原子力空母「ジョージ・ワシントン」も参加し、12月1日までの日程で大規模な演習を行う。北朝鮮は軍事的対応の可能性をちらつかせており、朝鮮半島は緊張に包まれている。
 ただ、米韓は演習水域を韓国が黄海の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)から離れた韓国南西沖に設定。北朝鮮や中国を過度に刺激し、事態がエスカレートするのを避ける配慮を見せている。一方、北朝鮮も27日になり「民間人の死傷者が出たのは極めて遺憾」(朝鮮中央通信)と表明し、軟化の可能性を示唆した。
 ジョージ・ワシントンは、米海軍横須賀基地(神奈川県)に配備されている第7艦隊のイージス巡洋艦「カウペンス」や駆逐艦「ステザム」などとともに演習に加わる。韓国軍からは哨戒艦や護衛艦などが参加する。
 演習は、北朝鮮による空や海上からの攻撃を想定しており、強力な軍事力と米韓の連携をアピールし、挑発を抑止するのが目的。朝鮮中央通信は「空母を黄海に進入させる場合、その結果は誰も予測できない」と警告している。 

Photo
読売新聞(読売新聞)

転終わり
シナは、李明博大統領と会談を行う予定です。
当然、軍事演習の自粛を求めると予想されますが、李大統領はどのような対応をするかが見ものです。
 

日本は米韓と連携ができるのか?

いずれにしても、日本政府は明確な軍事的方向性を出していかなくてはなりません。
旧社会党系の議員が多数閣僚となっているために、どうしても軍事的問題は後回しとなっているのが明白です。自分の国は自分で守るという気概もなければ、独立する精神もない。シナや韓国に従属する卑屈な精神しか持ち合わせていないので、あまり期待できないのも事実です。
日本政府は、米韓と連携する方向性を早期に煮詰めて欲しいと思います。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/214-a5d9aee3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。