スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

韓国の領海侵犯対策は参考となる

 2010-12-09
北朝鮮の延坪島への砲撃から2週間がたちました。
韓国政府は、倍以上にして報復することを明言しています。
日本政府は依然として対岸の火事のように呑気に構えており、なんとここにきて再び社民党を取り込むことまで出てきました。この政府はどこまで日本のためにならないことをやれば気が済むのでしょうか。全く理解に苦しみます。
 
さて、我が国の尖閣諸島問題から早くも2ヶ月が経ちましたが、領海侵犯に関する調査をしていく中で、韓国の領海侵犯に関する姿勢が非常に参考になったので紹介します。
 
転載始め

韓国 実は領海侵犯の中国人を年間5000人以上拘束している

2010.09.28 19:08

 尖閣諸島付近で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、日本は船員14人を帰国させ、船長も処分保留で釈放。一方の中国は建設会社フジタの日本人社員4人を「軍事管理区域侵入した違法に軍事施設をビデオ撮影した」との理由で拘束。日本の弱腰外交が報道されているが、東海大学海洋学部教授で海上保安体制や海賊問題に詳しい山田吉彦氏は「韓国では中国人を年間5000人以上拘束している」という中韓事情を明かす。以下、山田教授の解説。
******************************
 こうした領海、EEZ(排他的経済水域)侵犯行為の標的は日本だけではない。中国沿岸で東シナ海以上に海洋汚染が深刻なのが黄海である。そのため中国漁船は黄海を南下して韓国のEEZ内、さらには領海内に侵入を繰り返している。
 
 それに対して韓国の海洋警察庁(日本の海上保安庁に相当)は、中国の密漁船に対して強硬策で臨み、壮絶な“海戦”を繰り広げている。
 韓国当局は毎年、約500隻の中国船を拿捕し、身柄を拘束した中国漁民は04年以降で約3万人。年間にして5000人以上である。韓国に拿捕された漁船は3000万-5000万ウォン(約210万-350万円)の罰金を科され、支払わない場合は乗組員が韓国国内で収監される。
 昨年9月には、中国密漁船に乗り込もうとした韓国の海洋警察庁職員が、海に転落して死亡する事故が起きた。海洋警察庁の担当者は、「『抵抗する中国漁船には銃器の使用も認める』との指示も出ており、一人たりとも逃さない」と息巻いていた。
※週刊ポスト2010年10月1日号
転載終わり
 
ロシアの場合はもっと露骨で射殺します。
実は、領海侵犯を繰り返す漁船に対しては、韓国の姿勢が国際標準だといえます。
これは決して韓国だけの特殊事情ではありません。
韓国は、個人的に好きではありませんが、外交や安全保障に関する姿勢は参考となる点はあります。
日本政府も素直に参考にするべきでしょう。
 
さもなければ、尖閣に限らず、ここで紹介した韓国だって竹島沖や対馬沖に不法侵入してくるでしょう。何事も、平和を求めることは大事ですが、現実を直視することが政治家の使命です。
 
日本人の生命・安全・財産を守れない国会議員など不要です。
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/201-18d1b0f4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。