スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

海上自衛隊の底力

 2010-12-24
民主党政権が発足して外交上の危機が頻発しています。
尖閣諸島問題は、その意味で政府に国防意識を高める結果となったと考えます。
しかしながら、わが国を守る自衛隊は、依然として憲法9条に制約されています。
交戦規定というものがないので、シナの漁船などと簡単に銃撃戦ができません。
海上保安庁においても同様です。
 
さらに、朝鮮半島の事件を見れば、明らかに武力を持っていることが大事だということが分かります。黄海上で起きていることは、近い将来に太平洋や日本海で起こる可能性は否定できないからです。
 
 
その中で、実は議論されていないのは、日本の自衛隊の実力です。
交戦規定がないので、平和維持軍的な位置づけではありますが、どうも日本の自衛隊は優秀だということがさまざまな文献を見るうちに明らかになってきました。あとは、実戦を想定した具体的訓練に踏み切ることが出来るようになればよいと思います。
 
今回は、海上自衛隊に関する記事を転載します。
転載始め
 
海上自衛隊特殊部隊の能力を、お世辞を言わない米軍がホメた
 
 
多様化する紛争、危機にどう対処するか。テロ、邦人救出、不審船対策と、通常戦力では対応し切れない事態に対応する自衛隊「特殊部隊」の実力を、ジャーナリスト笹川英夫氏が報告する。
************************
海上自衛隊は、SBU(特別警備隊)と称される特殊部隊を有している。90年代後半、頻発する北朝鮮の対日工作船の領海侵犯事件に対応するため、江田島(広島県)を拠点につくられた海自初の特殊部隊である。
高速ボートや、ヘリコプター、時には潜水で不審船に近づき、速やかに乗船するや、敵船を無力化する。これがSBUの任務だ。例えば尖閣諸島沖に、不審船が出没した場合、日本で最も威力を発揮するのが、この特殊部隊なのだ。
部隊は、海上自衛隊内でも厳しい訓練や任務で知られる水中爆発物処理隊からの出身者(水中処分員=EOD)が多いとされ、海の特殊部隊らしい高度な潜水能力、高い身体機能にとどまらず、他国の船舶での捜索活動などの任務から語学能力も要求される。隊員になるためには、文武両面での高いハードルが設定されているのだ。
海上、水中でのあらゆるケースを想定し、爆弾処理、潜水による水中浸透、空挺自由降下など、その訓練は特殊かつハードだ。
アメリカ海兵隊は、緊急事態に即応する部隊として、海軍最強と言われるシールズの別働隊「ファスト」を創設した。その分遣隊、40名が横須賀に駐屯しているのだが、私はそこの中隊長にSBUについて尋ねたことがある。実はファストとSBUは、頻繁に合同訓練を行なっているのだ。
米国軍人は、スキルに関してお世辞を言わないことで有名だが、その隊長は断言した。
「彼ら(SBU)のスキルは、我々と同等だ。すべての訓練について能力の高さに、いつも驚かされている」
※SAPIO2010年12月15日号
転載はNEWSポストセブンから
 
なるほど、海上自衛隊のスキルは米軍と同等であるようです。
そうであれば、尖閣諸島問題に関して政府が傍観するようであれば、宝の持ち腐れと言われても無理はありません。アメリカからすれば、「これだけ優秀な軍隊を持っていながら、なぜ日本政府は戦わないのか」という文句の一つや二つ言いたくなるでしょう。
 
まだまだ客観的な調査が必要であることは十分承知しておりますが、わが国の海上自衛隊の底力はあるということは事実のようです。
 
マスコミがめったに報道しない軍事関係の情報を、今後もどんどんアップしていきます。読者の皆様で必要な情報があれば教えてくだされば幸いです。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/180-c59a38f1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。