スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

武田薬品が新卒者にTOEIC点数基準

 2011-01-23
不況が続く昨今では、大卒の新規採用が厳しいというニュースが多くなりました。
その中で、非常にユニークであり、かつ厳しい採用基準を設ける企業が登場しました。
武田薬品工場では、今後の海外展開を想定してTOEICの点数基準を設け、最低730点以上ということです。
 
転載始め

新卒採用、TOEICは730点以上…武田薬品

読売新聞 1月23日(日)3時5分配信
 製薬国内最大手の武田薬品工業が、2013年4月入社の新卒採用から、英語力を測る学力テスト「TOEIC」(990点満点)で730点以上の取得を義務づけることが22日、明らかになった。

 通訳業務や海外赴任を前提とする採用を除いて、国内大手企業が新卒採用でTOEICの基準点を設けるのは極めて珍しく、他の大手企業の採用活動にも影響を与えそうだ。

 730点以上は「通常会話は完全に理解できる」水準とされ、得点者は受験者の1割強にとどまっている。

 武田薬品は、海外事業や研究開発体制の強化のために、外国人研究者の採用や海外の新薬候補品を持っているベンチャー企業のM&A(企業の合併・買収)を積極化させている。採用条件に高い英語力を明示することで、海外事業や研究開発の強化に対応できる人材を獲得する狙いがある。
最終更新:1月23日(日)3時5分

転載終わり
 
この点数は、海外でビジネスを希望するビジネスマンの間では当然とされてきました。
但し、あくまでも海外赴任を希望する者に対しての基準です。
武田薬品は新卒者の採用基準に設定するということです。
外資系でも、採用基準として明確に触れていないようです。
薬品会社がここまでして海外展開する必要があるのか疑問だと思いますが、それだけ即戦力と海外での販売に力を入れたいというメッセージは伝わってきます。
 
大学には、卒業後に仕事がないことはつらいことです。
単位を取得しただけでは就職ができない時代となってきました。
それならば、在学中に一つでも資格や語学力を習得していくことが不可欠だということでしょう。
学生が勉強するインセンティブとなるか、それとも諦める口実となるかは学生の志次第というところでしょうか。
 
私は、肯定的にとらえたい記事だと考えます。
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/147-a28ab641

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。