スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アジア杯MVPの本田圭の上昇志向に期待

 2011-01-31
今回のアジア杯優勝とともに、MVPに輝いた日本代表MFの本田選手。
常に強気なコメントが話題を呼びますが、個人的には好きな選手です。
その本田選手が、今回の大会を振り返っています。
 
転載始め

アジア制覇も本田「レベルが低い」MVPに満足せず…アジア杯

スポーツ報知 1月31日(月)8時1分配信
 ◆アジア杯 ▽決勝 日本1―0オーストラリア(29日、カタール・ドーハ・カリファ競技場) 日本代表MF本田圭佑(24)=CSKAモスクワ=がアジア杯優勝から一夜明けた30日、ドーハ市内で取材に応じ、自己批判を展開した。決勝のオーストラリア戦は延長戦の末、1―0で勝利し、優勝を飾ると同時にMVPの2冠を獲得。しかし、エゴを捨てて大会に臨んだ結果、チームの救世主になれなかったことを明言。チームの成長は認める一方で、個人の能力を伸ばすために、個人プレーにこだわっていく姿勢を打ち出した。

 アジア杯優勝、MVPをもってしてでも、MF本田圭の心が満たされることはなかった。半そで短パンで取材に応じ、自己批判を展開。「日本代表、本田圭佑はレベルが低い。もっともっとうまくなりたいし、強いヤツに勝ちたい。世界中に認めさせたい」。チームとしても、個人としてもアジアNO1の座を手中にした選手とは思えない言葉を口にした。

 決勝戦は、延長後半にFW李の決勝点で優勝を決めた。豪州の空中戦に苦戦を強いられたが、守備陣が奮闘。守って、一撃をものにした。本田圭も守備に走り、勝利に貢献したが、攻撃では球離れが遅く波に乗れない。狙った無回転FKも壁に当てた。今大会はPKによる1得点だけ。あれだけこだわってきた、ゴール前での個人能力を発揮できなかった。いや、しなかった。

 「それは、自分の力のなさに尽きる。今のオレには、チームを救える力がない。優勝させる力がないから、自分のエゴを消した」。初めてのアジア杯。加えて、ザッケローニ監督は就任したばかりで、チームのベースを作る時期と重なった。強引な突破は控え、パスを探した。結果は「今やったら、チームにマイナスと感じている」と後悔する羽目になった。

 「自分のプレーと、チームが優勝した満足感は完全セパレート(別物)。プレーは不本意。オレは器用やから、プレーを切り替えてしまう。そんな自分が嫌だ。今までは、目立つために、成り上がるために、守備やパス、あえていろいろなことをやってきた。それをやると成長スピードが速い。でも、しないと日本人のスピードになってしまう。それじゃダメだ」

 今合宿、携帯ゲームを持ち込んだ。選手6~8人が集まって、協力して恐竜などを退治するゲーム。本田圭が加わるのは初めてのことだった。常に「オレが」と先頭を走ってきた姿勢を変え、宿舎内では仲間に歩み寄った。だが、プレーまで変える必要はなかった。

 「MVPは個人的にヤットさん(遠藤)。替えの利かない選手だった。いなかったら優勝できなかったと思う。オレは、周りに助けられた感がある。この大会は優勝して良かった、の一言に尽きる。アジアと言っても、何も成し遂げたわけじゃない」。MVPにも、優勝にも満足せず、前を見る。本田圭が「オレ流」を復活させ、成長の階段を上る決意を固めた。

転載終わり
 
本田選手によれば、遠藤選手がMVPだと謙遜しています。
彼自身は強烈なプライドの持ち主ですが、今大会に関しては「汗をかく」ことに専念したプレーが目立ちました。
しかしながら、ここ一番で見せるスルーパスやキープ力、積極的な攻撃力は光るものがあったと思います。
 
次は、「オレがいたから優勝した」大会にしたいようです。
スポーツの世界は、結果がものを言います。
私も元体育会系ですので、本田選手の考え方に全面的に賛成です。
一時は、「生意気」だということで相当たたかれていましたが、W杯以後の活躍と彼の人格の成長には著しいものを感じます。ファンもその辺を大いに認めているのではないでしょうか。
日本人離れした個性は、今後の国際試合でも堂々と発揮し、日の丸を背負って戦っていく上で大事な要素です。これくらいの闘士とガッツ、技術のある選手です。加えて、常に上を向いて前進する上昇志向を持っています。
 
本田選手の今後の活躍に期待できそうです。
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/140-828700f2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。