スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

自由主義と国防強化は両立する

 2013-01-17
今回は、幸福実現党が立党して以来のテーマをとりあげました。自由主義と国防強化の両立は可能なのか否か。これまでこのテーマでは誰も書いていない(はず)なので、ある意味挑戦的かもしれません。ただ、出てくる答えは決して大げさでもなんでもなく、極めてシンプルでありました。

幸福実現党は2009年の立党以来、国防の強化を主張しています。その一方で徹底した減税路線を実現し、日本を自由からの繁栄に導く政策提言を行っています。今回は、自由主義と国防強化は両立するのか否かについて論じていきます。

第一に、国を守るということは、生命・財産・安全を守ることと同義です。

仮に、中国や北朝鮮からのミサイル攻撃や侵略をされたらどのようになるか想像をしてみたらわかります。チベットや新疆ウイグルの例からは、言論の自由、表現の自由が奪われていることが見て取れます。最終的には、言語や国旗・国歌まで奪われているのが現実です。そして、仏教やイスラム教が国教となっていた国から信教の自由すら奪っているのです。

軍事的な覇権を握ろうとする中国が、実際に戦争や侵略行為を行えば、当然統制経済と全体主義へと突き進むことでしょう。その際、侵略を受けた側には営業の自由や財産権は一方的に略奪され、最後は全く自由が許されない暗黒社会となります。

現在、東アジアには社会主義や共産主義の名のもとに覇権主義・軍拡主義を続けている中国と北朝鮮があり、現時点では彼らが民主化を受け入れる様子はありません。むしろ逆に、一層軍事力を拡大して東アジアの制空権と制海権を掌握し、日本を締め出す方向に動いています。最近は、フィリピンやベトナムまでもが防衛に力を入れていることからもわかる通り、中国が平和を愛する国ではないことは明らかです。さらに言えば、国際社会のルールを無視してミサイルを発射し、核実験を強行する北朝鮮も、まともな国とは言えません。

安全保障全体に言えることですが、地味で何事もなければ国民はそのありがたさを実感することができないのは事実です。まるで空気や水道の水のように平和があると錯覚しているのが現代の日本人ですが、これは非常に甘い認識だと言わざるを得ません。国の安全はタダでは獲得できないのです。経済学では、フリーランチ(タダ飯)はないということが原則となっていますが、安全保障においても全く同じです。日本は立派な独立国である以上、相応の防衛力を持つのは当たり前であり、自衛隊を明確に軍隊に位置づけるべきでしょう。これは軍国主義でもなんでもなく、世界標準の考え方です。

だからといって、左翼が主張するように、自衛隊員が「暴力装置」にはなりません。むしろ逆で、戦争をいかに回避するかに全神経を使っているのです。どんなに勇気がある幕僚長がいても、部下が死ぬ可能性がある紛争や戦争を積極的進める人はいないのです。自衛隊は、国の安全を守っているだけではなく、自由をも守っているということは忘れるべきではありません。

国防と自由に関連して、古典的名作を紐解いてみましょう。この論考で何度も登場するL・V・ミーゼスの『ヒューマン・アクション』には、次のような記述があります。

自由を保持したいのであれば、独立を守る備えをしなければならない。(中略)ためらわずに侵略し奴隷化する者たちが満ちている世界では、完全な無条件平和主義は最も冷酷な侵略者に無条件降伏するに等しい。自由でいたい者は、自由を奪う意図を持った者たちに対して、最後まで戦わなければならない。(307p)

自由主義思想の最高峰に位置するミーゼスは無政府主義者でないことは、この文章を見ればよく分かります。ミーゼスは、国防に対する支出は市場経済と両立する旨を同書において展開しております。

同じく、1979年から1990年までイギリスの首相を務め、「鉄の女Iron Lady」とも呼ばれたサッチャー首相は、国防の充実を第一に上げていました。サッチャー首相は、1974年にノーベル経済学賞を受賞したハイエク教授の考え方を政策に応用したことで知られていますが、国防の重要性を誰よりも強固に主張していたのです(ハイエクも国防の重要性を認めていた)*参考文献 The Iron Lady John Campbell著(2009)

第二に、国防のような公共財と呼ばれる分野にも自由主義哲学は必要です。

いくら国の専権事項だからといって、税金を垂れ流して技術やサービスの向上を怠ることは許されません。世界一の軍事大国であるアメリカでさえ、「財政の壁」の影響もあり、軍隊の効率化を進めています。その意味では、今後は自衛隊の装備や兵器購入にあたって増税や国債の乱発が当たり前だと考えてはならないのです。安易に国債発行に頼らないためにも、今後は防衛産業を活性化させて国の負担減少を両立させる道筋はつけるべきです。

経済成長による税収増と防衛産業の発展は、今後の日本経済再生とも密接に関わっています。言い換えれば、幸福実現党が主張する「防衛力」と「経済力」の主張は、現代版の「富国強兵」「殖産興業」策だということです。当然のことですが、防衛産業は国家の主導ではなく民間主導で技術力と競争力を高め、将来的には技術を民間にスピンオフさせていくことまで考えるべきです。この流れは、科学立国とも連動しています。

今回は、主に思想面から自由主義と国防強化は両立できることを見ました。そして、国防強化と経済成長は密接に関係しており、安易な増税や国債発行に頼らないことを述べました。日本が独立国にふさわしい強国となるためにも、経済と軍事力の関連性について今後も研究を続け、政策提言していく予定です。(文責:中野雄太)
タグ :
コメント
前回、ユーロは金の足枷となっているとご指摘されている記事を拝見しましたが、金の足枷の意味が不勉強でよくわかりません。ご教授いただけたら、幸いです。
【2013/01/23 17:48】 | 岩城 #- | [edit]
4R0ZK3I7
2D(二次元)では物足りないあなたへ!
http://xv5lOh99.3gds.net/xv5lOh99/
【2013/01/23 18:28】 | 2D3D #knyLtzeg | [edit]
岩城様

コメントありがとうございました。

金の足かせとは、1930年代の誤った金融政策として紹介されています。

現在で言えば、このような説明になります。

円・ドルの為替レートが80円代とした時に、一気に50円代に為替レートを変更したらどのようになるかを想像されればよいと思います。当時の井上準之助蔵相が、金本位制に復帰して旧平価を設定したという説明があると思いますが、現在で言えば、デフレ不況下で極端な円高にレートを設定したということです。

金本位制を説明すると長くなってしまうので、上記のような説明となりましたが、イメージはできると思います。

また何かありましたらご連絡ください。





> 前回、ユーロは金の足枷となっているとご指摘されている記事を拝見しましたが、金の足枷の意味が不勉強でよくわかりません。ご教授いただけたら、幸いです。
【2013/01/24 12:13】 | 中野雄太 #- | [edit]
丁寧なご教授、ありがとうございます。
私の理解が至らなくて申し訳ないのですが、

つまり、金の足枷というのは、金本位制の維持(すなわち、不況下にも関わらず、金融引き締めをしてしまう)という誤った政策判断をしてしまった事を呼ぶのでしょうか?

それとも、金本位制が持っているジレンマ(金融政策の自由度が低い、または金が流出したら貨幣供給が減少し、金融引き締めにつながる)を金の足枷と呼ぶのでしょうか?

【2013/01/28 11:43】 | 岩城 #- | [edit]
岩城様

その点が説明不足でしたね。

結局、金の足かせとは、金本位制に固執することによる経済状況の悪化です。
1930年代の大恐慌では、金本位制を離脱した国から景気回復のスピードが早まったとする研究があります。
これは、現在のFRBのバーナンキ議長がプリンストン大学時代に記した内容です。

つまり、金本位による旧平価を排して、通貨の切り下げを行う(例えば円安ドル高にすること)ことによって国内の輸出産業が景況を改善することができることを意味します。

現在のユーロがなぜ「ユーロの足かせ」と呼ばれるかは、金融政策の自由度が各国にないこと。そして、財政赤字がGDP3%以内、長期債務残高が対GDP60%以内を達成しないといけない条件があります。これを成長安定条件と呼び、さもなければユーロを離脱しなければいけなくなるわけです。実際は、これを満たしている国は少なく、既にレームダックとなっている面があるとさえ言えるかもしれません。

多くの経済学者がギリシャの回復にはユーロ離脱を主張しているのは理にかなっています。ギリシャが、独実通貨のドラクマを復活させれば、金融政策の自由度を回復することができます。成長安定条件に縛られることなく、自国で経済政策を発動することができるようになります。

以上です。参考になれば幸いです。



> 丁寧なご教授、ありがとうございます。
> 私の理解が至らなくて申し訳ないのですが、
>
> つまり、金の足枷というのは、金本位制の維持(すなわち、不況下にも関わらず、金融引き締めをしてしまう)という誤った政策判断をしてしまった事を呼ぶのでしょうか?
>
> それとも、金本位制が持っているジレンマ(金融政策の自由度が低い、または金が流出したら貨幣供給が減少し、金融引き締めにつながる)を金の足枷と呼ぶのでしょうか?
【2013/01/28 13:11】 | 中野雄太 #- | [edit]
詳しくご説明いただき、ありがとうございました。
良く理解することができました。
何度もお手数をかけましてすみませんでした!
【2013/02/04 12:07】 | 岩城 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/1202-4dd1b68c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。