スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

洋書ベストセラーの読書法

 2012-11-09
私自身は英語が好きで、半分は趣味で勉強してきました。

勉強スタイルは、楽しみながら進めるのがモットーです。

試験勉強以外はコーヒーを飲みながらとか映画をみるとかというものが多く、その中でも真面目に取り組んでいる学習法の一つが洋書購読。一時期おろそかにしていたので、今年に入り本格的に復活しました(政策研究の必要性もあったため)。

その中で、最近気が付いたことがあります。

今までは洋書は洋書だけを辞書を時々引きながら読み進めていましたが、どうしても内容が頭に入らないことが多いのです。単純に読解力に問題があるためです。そこで、苦肉の策と思いついたのが翻訳書を傍らに置くことです。

英語を英語のまま理解するという学習法は一般的です。でも、限度もあります。

例えば、アダム・スミスの英語は読みにくかったです。その時に、翻訳書を見ると一目瞭然だったりします。翻訳書と見比べてみると、単純な読み違いの時はもちろん、熟語などは知らないとよくわかりません。あるいは、文章に関係代名詞が多く含まれているものは読みづらく、主語をしっかり把握していないとわけが分からなくなります。この点、ドイツ系の方が書いた英語は本当に読みづらい。特に、ハイエクの英語は難解です。

その意味で、文法書は常に携帯しておく必要性は感じます。毎日短いセンテンスのものを繰り返し頭に入れていくと、長い文章でも読みやすくなります。電子辞書を使う場合でも、例文を検索できますから有益です。そして、時々英英辞書で調べるとニュアンスが一層分かる時があります。次に電子辞書を購入する時は音声付のものを買おうと思っています。


教科書は専門用語さえ知っていればそれほど難しくありません。

私は、国際経済学を専攻していたこともあり、貿易や金融関連は辞書はほとんどいりません。経済学関連の本でも同じです。ただ、違うジャンルになるとそうもいきません。その時に役に立つのが、幸福の科学の大川隆法総裁が作成された英単語教材で、実によくできています。上級編は、現地人でもインテリクラスでないと知らない単語や表現が含まれているため、相当難解ですが、おかげで異分野の文献も読みやすくなりました。

語学はボキャブラリーが大事だと言われています。こればかりは何度も繰り返して習得しなければなりません。単語帳で使われている単語が何度も文書の中で登場すると確実に覚えますので、頻度の少ない単語の場合は粘り強く学ぶしかありません。

「生きた英語」に接する重要性はこのブログで書きました。


その中の一つが洋書購読です。今後も継続して実力をしっかりつけていきたいと思います。


そのためには、ベストセラーとなった本の方がネイティブの英語表現なので有益です。新聞や雑誌を組み合わせると、まさに生きた英語を学ぶことができます。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/1163-966b94f4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。