スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日曜街宣

 2012-09-16
10月6日に封切りとなる映画「神秘の法」。

公式サイトには紹介映像もあります。映画「神秘の法」公式サイト

本日は、静岡後援会を中心に市内で映画のPRと政治の街宣を行いました。
映画の内容は、他国によって侵略された日本の姿を描いています。6月に上映された「ファイナル・ジャッジメント」の続編であり、今回はさらに宇宙や霊界まで描いた大作です。

内容は、映画をご覧になって頂くとして、政党街宣としては国防の強化を訴えました。こうしている間もシナの尖閣支配やシナ国内での日系企業への暴動や反日デモが行われています。日本政府としては損害賠償を求めることもなければ、明確な怒りを表していません。これでは、今後もなめられたままで推移するでしょう。

世間では、次の選挙では日本維新の会の躍進が予想されています。
役所と喧嘩をして、行財政改革をするのは結構ですが、維新の会には外交と安全保障がありません。今回の尖閣や竹島への不法上陸に関しても言及は皆無です。今は、脱原発や消費税問題も大事ですが、やはり政権を担うとするならば、国防や外交問題をどれだけ真剣に考えているか大事です。

その意味では、維新ブームには不安を覚えます。私には、3年前の民主党による政権交代ブームと同じに見えます。民主党は政治主導とか言って霞が関と対決して税金の無駄遣いを減らすといって、脱落しました。政権交代後は、沖縄の普天間基地問題を皮切りに、尖閣問題などの領土問題が噴出しました。こうした同じ過ちを犯さないよう、維新の会の批判を街宣でも行いましたが、残念ながらまだまだ私たちの意見は少数派です。

マスコミには反省の色も良識もないのかもしれません。

それであるならば、私たち一人ひとりがマスコミの機能を代替して情報発信していく以外にありません。


9月16日辻たち青葉公園




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/1131-b7d8089e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。