スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ホンダが米自動車番付で一位

 2011-03-01
最近、なにかと日本メーカー自動車のリコール問題が全米中にこだましており、不愉快な思いをしていたのですが、なんと米自動車メーカー番付でホンダが一位となったという記事が出ていました。
 
転載始め

米誌の自動車メーカー番付でホンダが総合首位

28日発行の米有力消費者情報誌「コンシューマー・リポーツ」の4月号に掲載された2011年自動車メーカー番付によると、ホンダが総合首位になったほか、アジアの自動車メーカー数社が新車に関する一連の調査で高い評価を得た。

 米3大メーカーのうち、トップ10に入ったのはフォード・モーターだけだった。ゼネラル・モーターズ(GM)は13社中12位、クライスラー・グループは13位だった。

 トヨタは過去1年間、リコール(回収・無償修理)や品質に関わる問題に苦しんだにもかかわらず、トップに近い順位を維持した。独BMWやダイムラー傘下のメルセデス・ベンツといった欧州のメーカーは、快適性や全体的な乗り心地という点では高評価だったが、信頼性への評価が良くなかったためにスコアを落とした。

 ホンダの総合得点は74点で首位。スバル、トヨタ、スウェーデンのボルボがこれに続いた。フォードは67点で5位だった。そのほか韓国・現代自動車、マツダ、日産、独フォルクスワーゲン、メルセデスがトップ10入りした。

 審査には、路上パフォーマンス、信頼性、それに燃費など、同誌が判断材料とするさまざまな要素が考慮されている。

 ホンダはサブコンパクトカー「フィット」で得点を稼いだ。フィットは小型車部門の「ベスト・バリュー」と「ベスト・バジェット・カー」という評価を得た。フォードの「マスタング」と韓国・起亜自動車の「ソレント」など6車種が新たに推奨車リスト(ベスト・ピック)に加わった。
転載終わり
 
上記の記事を見ると、なんとスバルが二位にきています。
そして、リコール問題で揺れているトヨタは三位につけています。
BMWやベンツは乗り心地では快適だが、安全性に関しては評価が低いと出ています。であるならば、日本車だけがリコールの対象になるのは不自然ではないでしょうか。アメリカ国内でも、トヨタはシロだと判定がでているわけですから、政治的意図が見え隠れしてきます。
 
いずれにしても、依然としてアメリカ国内では信頼されていると言うことが分かります。政治的な駆け引きにより、意図的に日本車を締め出すアメリカのやり方は言語道断ですが、消費者や専門家の目はごまかせません。
 
ホンダをはじめとした、日本の自動車メーカーの営業努力に心から敬意を表します。
 
 
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yutasteve.blog.fc2.com/tb.php/103-37759750

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。