スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

平成23年2月26日 ほっといたらあかん 大阪湾フォーラム「人工島から考える陸と海のつながり」(チラシ付)一般参加者募集中!

 2011-02-12
2011年2月9日 更新
 

 
 
 
2/26かんくうで「第7回 大阪湾フォーラム」開催!
第7回大阪湾フォーラム「人工島から考える陸と海のつながり」
概要が決定しましたのでお知らせします!
 
第7回 ほっといたらあかんやん!大阪湾フォーラム
日時:平成23年2月26日(土) 10:00~17:20

場所:関西国際空港および周辺
テーマ:人工島から考える陸と海のつながり

 
第1部 10:00~12:00 「りんくう公園エコツアー」 
 
 

   大阪府農林水産センター鍋島先生の先導で周辺環境を散策します。
   りんくう公園内の内海における自然再生の取り組み(大塚先生)、マーブルビーチ散歩。

   参加費無料。
  ※9:30りんくうタウン駅改札前集合、10:00出発 
 
第2部 12:30~14:30 「かんくう探検360°大阪湾」
受付場所:エアロプラザ、受付開始時間:12:00
    バス出発時刻 第1班 12:30 第2班 13:00 第3班 13:30 
各便定員40名

    
★ポスターセッション:見守りネットの仲間が日頃の活動を自慢します。
 
 
       
 
第3部 14:30~17:20 「フォーラム ~つなげつながる大阪湾~」 
   
 14:30 大阪湾にける活動団体の紹介
    
15:00 記念講演「スナメリからのメッセージ」(赤松友成先生)
    
15:40 各地の自然再生活動紹介
         横須賀市の市民連携の取り組み
         東京湾における取り組み 
         徳島県の沖の洲人工海浜の楽しみ方
         フェニックスの自然再生事業
         国土交通省の自然再生事業

         関西空港における自然共生の取り組み(各10分発表) 
    
16:40 意見交換会   
★意見交換:未来につなぐ大阪湾
 
  17:10 閉会の挨拶    17:20 終了予定
 

第4部
 17:45~19:30「懇親会」会費3000円程度、関空ビル内の飲食店にて
 
 
案内申込みチラシ↓
 
http://www.geocities.jp/teisitu/7thosakabayf20110207.pdf
  
 

~参加申し込み方法~
以下に示すメールまたはFAXの方法により(できるだけ数字の少ない方法で)
2/21(月)までに参加申し込みをお願い申し上げます。

1.大阪湾見守りネットのグループページから直接申し込む
 ★Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方は利用可能です。
  この機会にIDを取得してグループページを利用できるようにしてはいかがでしょうか?(無料)
 
           http://groups.yahoo.co.jp/group/osakawannet/
  


2.チラシ裏面に必要事項を記入して
  大阪湾見守りネット事務局(大阪市立自然史博物館)にFAXを送付する
  FAX番号:06-6697-6225

なお、ポスターセッションの締め切りは2/14(月)までです。参加を希望される方は、必要事項を明記の上、下記のアドレスまでご連絡ください。
 ポスターセッション参加に関する連絡先:
osakawannet@yahoo.co.jp
 
 
 

 
  

都合により変更する場合があります。 

 
 
主催
 大阪湾見守りネット 
 大阪湾環境保全協議会 
国土交通省近畿地方整備局神戸空港港湾技術事務所
協  賛
 大阪湾広域臨海環境整備センター

協力
 関西国際空港㈱  関西国際空港用地造成㈱
後援
 (財)港湾空間高度化環境研究センター   (財)大阪湾ベイエリア開発推進機構
 (財)国際エメックスセンター  (社)瀬戸内海環境保全協会 きんき環境館
 
 
 
 8時40分難波発 9時21分りんくうタウン着なら10時の集合時間に十分間に合います。
 
途中からの参加も可能です。
 
 
大阪湾見守りネット事務局 
見守りネット事務局アドレス:osakawannet@yahoo.co.jp
事務局住所:〒546-0034
      大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館内
 
 
ご注意:このブログ等のインターネット情報は不確かな情報が含まれていることをご承知願います。
 

 
 
ほっといたらあかんやんけ!大阪湾フォーラム
『はばたくあしたの海岸線』
南港野鳥園・ATCグリーンエコプラザ等で開催し、たいへん好評でした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
○ 問い合わせ・申し込み先 ○
大阪湾見守りネット事務局  大阪市立自然史博物館内
 FA X 0 6 -6 6 9 7 -6 2 2 5
  http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

会員の方はネットYahoo!グループをご利用下さい
 http://groups.yahoo.co.jp/group/osakawannet/
 
 
 
YAHOO グループ  osakawannet
大阪湾見守りネット
グループの説明:大阪湾の再生へ向けて、自然や文化、食、遊びなどについて調べ、学び、遊び、そして実際に保全活動や意見交換、交流などを行うグループです。大阪湾を今のまま「ほっとけない」人なら誰でもメンバーになれます。
 
 
 

フォーラム参加者数を把握すべくYahoo!グループに出欠表を以下に設置しています。
恐れ入りますが以下のヤフーグループ・データベース・第7回出欠表 に出欠を記載願います。

テーブル名:  第7回出欠表に記入する。

注意: ヤフーアカウントが必要です。

http://groups.yahoo.co.jp/group/osakawannet/database
 
 
 
 
大阪湾見守りネット設立から6年目を迎えました。
大阪・兵庫・淡路島・四国・和歌山が輪を描いている大阪湾らしい
「ゆびとま(この指止まれ)ネットワーク」が構築できたことは、
どこにも負けない財産であると考えております。

今後、このネットワークをさらに深化させ、
大阪湾の見守りから大阪湾と共に成長するネットワークへと
進化して参りたいと考えております。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
関連資料
 
 
 




 

 
 

 
直立護岸(左)と緩傾斜護岸(右)



 
 
 

 

 
 
 

 
動画:関西国際空港 自然環境再生創造効果
 
緩傾斜石積護岸の構造
 
関西国際空港の緩傾斜石積護岸
(関西国際空港(株)パンフレットより)

 
関西国際空港の人工藻場の広がり
(関西国際空港(株)パンフレットより)

 
メバル幼稚魚の周辺海域への広がり
 流れ藻に発信機(人工衛星で受信)と浮き標識を取り付け、空港島護岸で放流し、その漂流先及び数量を把握しました。
 流れ藻が、潮流などの影響を受けて大阪湾奥部の海岸や播磨灘の海岸にまで広がり漂着したことから、空港島護岸で発生するメバル幼稚魚は流れ藻に追従し、大阪湾の広域にわたって移動・分散するものと考えられます。
 
関西国際空港の藻場で育ったメバル稚魚の大阪湾全域への広がり
(関西国際空港(株)パンフレットより)
メバル幼稚魚の移動分散模式図

  

 日本で初めての海上空港である関西国際空港では、空港島の周辺護岸に豊かな藻場が形成され、多くの魚の産卵場や稚魚の育成場になっていることから、今後も海藻の移植や魚介類の保護など周辺海域環境の適正な管理が求められています。
また、空港の開港記念日に実施されている「海鮮とれとれ市」のように、高い集客力を活かした地元水産物の普及促進も大切な役割です。
 

 
 
 
 

     
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/


      

  
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 


 
 
 
 

 

 
 
 

 
 
 
 
見守りネット運営委員会・見守りフォーラム実行委員会
 
 
   
事務局は大阪市立自然史博物館にあります↓
 
 今年も大阪湾フォーラムであいましょう!!
よろしくお願い申し上げます。

大阪湾見守りネット事務局 
見守りネット事務局アドレス:osakawannet@yahoo.co.jp
事務局住所:〒546-0034
      大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館内

 
YAHOO グループ  osakawannet
大阪湾見守りネット
グループの説明:大阪湾の再生へ向けて、自然や文化、食、遊びなどについて調べ、学び、遊び、そして実際に保全活動や意見交換、交流などを行うグループです。大阪湾を今のまま「ほっとけない」人なら誰でもメンバーになれます。
 
 


転載元:おおさかATC 底質汚染・底生生物減少・水域汚染の学習帳

スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。