スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

祝!なでしこJapanが女子サッカーW杯優勝

 2011-07-18
なでしこJapanがとうとう世界の頂点に立ちました。
試合結果は、朝起きてから確認をしましたが、昼の特別番組で試合内容と結果、インタビューを観ました。前半を見る限り、アメリカは圧倒的な強さを誇っていました。後半も怒涛の攻めは続きましたが、段々疲労の色も見えてきた感じです。それでも、先制点を取ったシーンはさすが。延長戦でもしっかり突き放していました。ランキング1位は本物で、よくこのチームに勝ったというのが実感です。それでも、日本は追いついています。これは、確実にアメリカサイドに心理的影響を与えたことでしょう。特に、延長後半の澤選手の得点は、神がかり的でした。

日本は、やはり澤選手が中心になりますが、今回は試合ごとにヒロインが変わりました。決勝に限って言えば、ゴールキーパーの海掘選手でしょうね。アメリカが3人も外したというのは、よほどプレッシャーを感じていたのか、勝利を焦ったのかは定かではありませんが、海堀選手のスーパーセーブはすごいの一言です。

今大会は、ドイツにも勝ちました。この試合はYoutubeで観ましたが、苦戦でした。最後の最後でもぎ取った1点を必死で守った好試合でした。スウェーデン戦は先制されても、追いつき追い越しました3点目の35メートル級のループシュートは、男子でも簡単にできないのではないでしょうか。

とまれ、なでしこJapanのW杯優勝を心から祝したいと思います。この結果は、東北で被災されている方にも勇気を与えたのは事実のようです。あまりいいニュースがない日本にとって、素晴らしい輝きを与えてくれたなでしこJapanに感謝です。選手の皆様は、帰国後の取材攻勢で大変でしょうが、お体をゆっくり休めてほしいですね。


このブログでは、スポーツナビの記事から、優勝後のインタビュー記事を転載しておきます。


転載始め

佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」 (1/2)
女子ワールドカップ決勝 米国戦後会見
2011年7月18日(月)

佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」 (1/2)
女子ワールドカップ決勝 米国戦後会見
2011年7月18日(月)

■佐々木監督「選手が『元に戻した方がいい』と進言してきた」
――今夜はどのくらいお祝いしたいか?

 明日の昼には飛行機に乗らないといけないので、帰国に支障のない程度にお祝いしたいです。できることならもう1泊延長してゆっくりしたいんですけど、そうも言っていられないので、今夜はおいしいドイツビールを1杯だけいただきます。

――北京五輪以降、選手たちはどんなところが成長した?

 ゲーム状況を感じながら、戦い方を変えられるようになったことです。実は今日、丸山と川澄のポジションを入れ替えた矢先に失点しました。すると選手が「監督、延長後半は元に戻した方がいいです!」と進言してきたくらいですから。監督の立場でこういうことを言うのもなんですが、事実なのでお伝えします(笑)。

――先行される展開で苦しかったと思うが、それでも勝てたのは選手たちの成長の証しか?

 チームとしてのスタイルは、監督に就任した当初から変えずに継続しています。選手個々が成長しました。チームとしてのミーティングも入念にやっていますが、選手同士ではもっと細かいことを、倍以上の時間を費やして話し合っています。例えば、今日のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた海堀はもちろん、山郷と福元というもう2人のGKもビデオを見て研究し、海堀に助言を与えているのです。勝ちたい、うまくなりたい、質を上げたい、という思いを1人1人が持ってこの大会に臨みました。

――今日、あなたにとっての「サッカーの神様」の存在を感じたか?

 今日の勝因は、もちろん選手たちの粘りと勝ちたいという意欲です。就任以来、直接対決5連敗だった米国に、W杯決勝という舞台で初めて勝てたという巡り合わせは、サッカーの神様のおかげかもしれません。それにしても米国は強かった。FIFA(国際サッカー連盟)ランク1位にふさわしいチームだと思います。

■海堀「自分を信じて、仲間を信じて、跳ぶだけだった」
――今日は自分の活躍があったからこそ勝てたと思うか?

 いい仲間がいたから勝てたのだと思います。いつも支えてくれている山郷さん、福元さんがいるからこそ、いいプレーができたのだと思います。

――日本の団結力を強調しているが、PK戦は仲間に助けてもらえない

 ゲームの中ではわたしが先に失点しました。2度も勝ち越されたのに、そのたびに追いついてもらってPK戦になりました。PK戦には自信がありました。自分を信じて、仲間を信じて、跳ぶだけでした。絶対に止めようという気持ちで挑みました。

■スンダーゲ監督(米国)「決勝戦は両チームにとっていい試合だった」
 わたしたちは今日、観客にいい試合を見せられたと思う。120分間、そしてPKにまで及んだこの決勝戦を、ずっと覚えていただけるのではないか。この決勝戦は両チームにとっていい試合だった。わたしたちは準決勝から先発をちょっと代えて臨んだかいあって、特に前半よく頑張った。結果は準優勝にとどまり、今は残念な気持ちだが、2~3週間も経てば喜びの実感が沸くのではないだろうか。

 PK戦については、いつでもそうだが、成功と失敗の差はほんのわずかなものでしかない。ゲームを支配していたのは米国の方だが、日本はテクニックに優れたいいチームだった。将来の女子サッカーのための良き指標となるだろう。
<了>

転載終わり
スポンサーサイト
タグ :

祝!長友初ゴール

 2011-03-07
インテルに移籍した長友選手が、初ゴールを決めました。
なかなかフル出場ができない中でも堅実な動きをしていたので、どこかでゴールが欲しいと思っていた矢先でした。ポジションとしてはゴールに絡む動きはあっても、得点をとることは少ないのは当然のことです。
 
その中で、大柄の選手に当たり負けをせずにゴールを決めたことは素晴らしい!
この調子でガンガン活躍してい欲しいと思います。
 
 
タグ :

スーパー高校生宮市選手の初ゴール

 2011-02-13
まだ高校生の宮市選手。すごすぎます。
センタリングした選手のプレーも豪快で好きですが、宮市選手の胸トラした後の落ち着いた対応はさすがです。
試合後には、日の丸を振って喝采してくれたオランダ人サポーターもいましたね。
 
ますます今後が楽しみな選手です。
 
 
タグ :

ヤンキースの240勝左腕が引退

 2011-02-05
NYヤンキースのA・ペティットが引退するようです。
また一人、ヤンキースの代表選手がユニフォームを脱ぎます。
 
転載始め

MLB=240勝左腕ペティットが引退、盟友ジーターらに感謝

ロイター 2月5日(土)14時1分配信
£̣ͣ¡á240¾¡º¸Ïӥڥƥ£\åȤ¬¡ëúÂࡢÌÁͧ\¸¡¼\¿¡¼¤é¤˴¢ù¼Õ
拡大写真
 2月4日、MLBのヤンキースで活躍したアンディ・ペティット投手が引退会見(2011年 ロイター/Shannon Stapleton)
 [ニューヨーク 4日 ロイター] 米大リーグ(MLB)のヤンキースなどで活躍した通算240勝の左腕アンディ・ペティット投手(38)が4日、会見で正式に現役引退を表明した。

 ペティットは会見で「身体的には申し分ないが、気持ちがついてこなかった」とコメント。引退を決意したのは今週初めで、今後は家族との時間を中心にしたいとの意向を示した。

 ペティットは長年ヤンキースで活躍して5回のワールドシリーズ制覇に貢献し、ポストシーズン通算19勝のMLB記録も保持している。故郷のアストロズでも3シーズンを過ごし、通算240勝138敗をマークした。

 デレク・ジーター、ホルヘ・ポサダ、マリアノ・リベラらと同時期にファームで育成され、大きな実績を残したペティット。「自分が成功できたのは、彼らの存在が大きい。特別な選手たちであり、特別な友人たちだった」と、盟友たちに感謝していた。
転載終わり
 
ヤンキースには、R・クレメンスが右のエースなら、左のエースはペティットでした。
私がニューヨークにいた2003年から2004年は、彼の要所要所を占めるピッチングに感銘を受けていました。
 
ヤンキース生え抜きの左腕の引退は寂しいものです。
家族との関係を大事にするとのことですね。
現役中は、家族との会話やサービスはなかなかできなかったでしょうから、ゆっくり休んで英気を養って下さい。
 
 
タグ :

長友選手のインテル移籍即CL

 2011-02-02
日本代表に不可欠となった長友選手が、電撃移籍となったのが、セリエAの超名門のインテル。
監督は、鹿島アントラーズでもプレーしたことのなる、ブラジル人のレオナルド。
移籍して、早速欧州CLにも出る可能性があるとのこと。
代表監督がイタリア人のザッケローニだということも移籍に大きな影響を与えた可能性はありますが、正直驚きました。
 
転載始め

インテル長友、3日デビュー!欧州CLも

サンケイスポーツ 2月2日(水)7時52分配信
¥¤¥ó¥ƥëĹͧ¡¢£³Æü¥ǥӥ塼¡ª²¤½££ã̤â
拡大写真
インテルへ電撃移籍した長友(写真:サンケイスポーツ)
 【ローマ1日】サッカーは『佑都』が大出世だ! 日本代表DF長友佑都(24)が現世界王者の超強豪、セリエAのインテル・ミラノへ移籍することが決まった。31日、クラブが公式サイトで発表した。現地報道によると、旧所属の同・チェゼーナから完全移籍前提のレンタル移籍で、移籍金は600万ユーロ(約6億7000万円)。イタリア時間31日午後7時(日本時間1日午前3時)の今冬移籍期限終了3分前の駆け込み決定で、電撃的にジャンプアップを果たした。

 日本サッカー界史上最高のシンデレラ物語だ。ほんの4年前は無名の明大生だった長友が、世界最高峰クラブのインテルに名を連ねた。

 「ソーノ モルト フェリチェ ディ ジョカーレ アッル インテル!(インテルでプレーできてとても幸せです!)」

 ミラノ市内のクラブ事務所に集まったカメラの放列を前に、長友は会心の笑顔とイタリア語で応じた。欧州の冬の移籍期間は1月31日午後7時が締め切り。緊急ミラノ入りした長友とともに午後8時半に事務所を出た代理人は「(合意は6時)57分だった」。期限3分前の滑り込みで、超名門入りが決まった。

 現地報道によれば長友と交換に移籍金600万ユーロと、長友と同じサイドバック(SB)で20歳のイタリア代表DFサントンがチェゼーナに渡る。6月まではレンタル契約だが、それも保有権がFC東京から2億円でチェゼーナに渡ったのが1月29日と直前で事務手続きの事情があったためで、後の完全移籍が前提とみられる。

 「びっくりした。初の日本人ということを誇りに思う」という長友は昨夏の欧州挑戦開始からわずか半年。ペルージャから1年半後にローマ入りした中田英寿、レッジーナで3季過ごしてセルティックへ移った中村俊輔と比べても相当に早く、セリエA5連覇中で昨季欧州CLとクラブW杯を制した『現世界王者』に加わる。クラブ初のアジア人となり、南アW杯で対決したカメルーン代表FWエトーやオランダ代表MFスナイダーらスター選手と戦友になる。

 J1鹿島でも活躍したレオナルド監督(41)が、“逆転V6請負人”として指名した。第22節終了時点でインテルは首位ACミランに勝ち点9差の4位。30日のパレルモ戦(○3-2)で失点につながるミスを犯すなど守備の苦手なサントンが務めていた左SBが補強点で、アジア杯優勝にも貢献した長友の豊富な運動量に注目。ミランやユベントスなどとの争いを制しての獲得で、日本市場開拓やスポンサー獲得の意図も見えた移籍とは違い、掛け値なしの主戦として期待する。

 一夜明けた1日、長友はいったんチェゼーナへ戻った。諸手続の後、早ければ3日(日本時間4日午前4時45分)のバリ戦(アウェー)で“デビュー”。23日には2連覇を狙う欧州CLでバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)との大一番も待つ。

 「世界一のサイドバックになりたい」が口癖の24歳。瞬く間に『ネラッズーロ(黒青=インテルの愛称)』まで駆け上がり、夢実現へ加速した。
転載終わり
 
とにかく、名門チームからのオファーはめったに来るものではないし、そこでプレーできる人はさらに少ない。
日本人の誇りにかけてプレーすることを宣言した長友選手は実に頼もしい限り。
セリエAでも、切れ味鋭いドリブルと絶妙なセンタリング、堅実な守備を期待します。
 
思う存分、夢の舞台で頑張って欲しいと思います。
 
 
 
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。